ルカ・マリネッリ出演作など「イタリア映画祭2020」オンライン上映作品発表

「イタリア映画祭2020」のオンラインで上映される作品、計29タイトルが公式サイトにて発表された。

最新ニュース スクープ
ルカ・マリネッリ「イタリア映画祭2020」
  • ルカ・マリネッリ「イタリア映画祭2020」
  • マルゲリータ・ブイ「イタリア映画祭2020」
  • アルバ・ロルヴァケル「イタリア映画祭2020」
  • ヴァレリオ・マスタンドレア「イタリア映画祭2020」
  • イタリア映画祭2020
  • 『幸運の女神』
  • 『オール・マイ・クレイジー・ラブ』
  • 『きっと大丈夫』
リアル上映&オンライン配信のハイブリット形式で開催される「イタリア映画祭2020」。この度、オンラインで上映される作品、計29タイトルが公式サイトにて発表された。

「日本におけるイタリア年」をきっかけに、2001年の春に始まり、毎年1万人を超える観客が訪れる恒例イベントとなった「イタリア映画祭」。

2日間行われるリアル上映後、今回、1か月期間限定でオンライン上映を実施。「新作」「4人の名優たち」「コメディー」「監督デビュー作」「短編」というカテゴリーで分けられており、「新作」ではリアル上映も決定している3作品、人気俳優のステファノ・アッコルシ、エドアルド・レオ、ジャスミン・トリンカを迎えた『幸運の女神』、奔放な父と自閉症の息子の愛情ほとばしるロードムービー『オール・マイ・クレイジー・ラブ』、ローマ国際映画祭クロージング作品『きっと大丈夫』がラインアップ。

『きっと大丈夫』『きっと大丈夫』
「4人の名優たち」では、Netflix『オールド・ガード』に出演し日本でも人気急上昇中のルカ・マリネッリ出演作『来る日も来る日も』『イタリアの父』をはじめ、マルゲリータ・ブイ、ヴァレリオ・マスタンドレア、アルバ・ロルヴァケルと、イタリアを代表する旬な名優がそれぞれ出演する作品をピックアップ。

『来る日も来る日も』『来る日も来る日も』
また「コメディー」は、過去のイタリア映画祭でも好評を博したイタリアならではの多岐に渡ったコメディー作品を。

「監督デビュー作」では、若き天才アリーチェ・ロルヴァケルの『天空のからだ』。

『天空のからだ』『天空のからだ』
マーティン・スコセッシが才能を認めたジョナス・カルピニャーノの『地中海』。

広告の後にも続きます
『地中海』『地中海』
そして女優で監督のヴァレリア・ゴリーノの『ミエーレ』を上映。

『ミエーレ』『ミエーレ』
「短編」では、巨匠マルコ・ベロッキオ、女優としても活躍するジャスミン・トリンカ初監督作品が登場。いずれも、日本の劇場や動画配信サービスでは観ることのできない作品ばかりとなっている。

『道化師』短編『道化師』
なお料金形態は、新作が1200円、旧作は500円、短編は無料で観ることができる。

イタリア映画祭2020
「イタリア映画祭2020」は11月13日(金)・14日(土)イタリア文化会館アニェッリホールにて、11月20日(金)~12月20日(日)オンラインにて開催。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top