パティ・スミス&リッキ・リーら本人役で出演『ソング・トゥ・ソング』

ルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダー、ナタリー・ポートマンらが豪華共演するテレンス・マリック監督の最新作『ソング・トゥ・ソング』。この度、パティ・スミスら有名ミュージシャンが本人役で多数出演することが明らかとなった。

映画 洋画ニュース
『ソング・トゥ・ソング』 (C) 2017 Buckeye Pictures, LLC
  • 『ソング・トゥ・ソング』 (C) 2017 Buckeye Pictures, LLC
  • 『ソング・トゥ・ソング』 (C) 2017 Buckeye Pictures, LLC
  • 『ソング・トゥ・ソング』 (C) 2017 Buckeye Pictures, LLC
  • 『ソング・トゥ・ソング』 (C) 2017 Buckeye Pictures, LLC
  • 『ソング・トゥ・ソング』 (C) 2017 Buckeye Pictures, LLC
  • 『ソング・トゥ・ソング』 (C) 2017 Buckeye Pictures, LLC
  • 『ソング・トゥ・ソング』 (C) 2017 Buckeye Pictures, LLC
  • 『ソング・トゥ・ソング』 (C) 2017 Buckeye Pictures, LLC
ルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダー、ナタリー・ポートマンらが豪華共演するテレンス・マリック監督の最新作『ソング・トゥ・ソング』。この度、パティ・スミスら有名ミュージシャンが本人役で多数出演することが明らかとなった。

>>『ソング・トゥ・ソング』あらすじ&キャストはこちらから

タイトルの通り“音楽”がテーマの本作。これまでのマリック監督作品でよく使われていたクラシック音楽から一転、本作ではポピュラー音楽がキャラクターを結びつける重要な役割を果たしている。

映画の製作が始まるとマリック監督は少数のクルーと映画の舞台となる音楽の街・オースティンの3大フェスティバルに赴き、毎年夏に開催されているオースティン・シティ・リミッツ・フェスティバル、音楽祭、映画祭、インタラクティブフェスティバルなどを組み合わせた、大規模なサウス・バイ・サウスウェスト、インディ指向のファンファンファン・フェストで撮影を始めた。そして、本作に一緒に参加してくれるミュージシャンも幅広く集めたという。

『ソング・トゥ・ソング』 (C) 2017 Buckeye Pictures, LLC
パンクのゴッドマザーとして知られるパティ・スミスは、ルーニー・マーラ演じる主人公のフェイに多大な影響を与える存在として重要な役割を果たしている。マーラは「彼女との出会いは、私が決して忘れることのできない、信じられないほど特別な体験だった。人生や愛について彼女の言いたいことを全部聞くことができてラッキーだった」とコメント。

音楽監修のローレン・ミクスは「パティは深い愛やつながりを持つ戦士のようなアーティストと結婚する方法についてアドバイスするから、フェイにとって、よき師であり指導者となる。パティは本当に自然体で自分の人生について話していて、そういう意味では、この映画で素晴らしい存在になった」と語る。

『ソング・トゥ・ソング』 (C) 2017 Buckeye Pictures, LLC
また、スウェーデンのインディ・シンガーソングライターのリッキ・リーは本作で演技に初挑戦し、ライアン・ゴズリング演じるBVの恋人の1人でミュージシャン仲間の役を演じている。

広告の後にも続きます
ほかにも、「ブラックリップス」、「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」、イギー・ポップ、ジョン・ライドンらあらゆる世代の有名ミュージシャンが多数本人役で出演することになり、本作の見どころの1つとなった。

また、フェイの参加するバンドのリードボーカル役を『トップガン』『バットマン フォーエヴァー』などのヴァル・キルマーが演じている。

なお、11月13日(金)よりムビチケオンライン券の発売がスタート。購入者特典として海外ポスタービジュアル計8点の壁紙画像をプレゼントする。

『ソング・トゥ・ソング』 (C) 2017 Buckeye Pictures, LLC
『ソング・トゥ・ソング』は12月25日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top