ジェームズ・マカヴォイが熱演、主演舞台「シラノ・ド・ベルジュラック」特別映像

“ナショナル・シアター・ライブ(NTLive)”の2020年新作第6弾となるジェームズ・マカヴォイ主演「シラノ・ド・ベルジュラック」から、日本初公開になる特別映像4本が解禁。

最新ニュース スクープ
「シラノ・ド・ベルジュラック」 (C)Marc Brenner
  • 「シラノ・ド・ベルジュラック」 (C)Marc Brenner
  • 「シラノ・ド・ベルジュラック」 (C)Marc Brenner
  • 「シラノ・ド・ベルジュラック」 (C)Marc Brenner
  • 「シラノ・ド・ベルジュラック」 (C)Marc Brenner
  • 「シラノ・ド・ベルジュラック」 (C)Marc Brenner
  • 「シラノ・ド・ベルジュラック」 (C)Marc Brenner
イギリスで上演された舞台の中から英国ナショナル・シアターが厳選し収録した舞台を日本の映画館で楽しめる“ナショナル・シアター・ライブ(NTLive)”。その2020年新作第6弾となるジェームズ・マカヴォイ主演「シラノ・ド・ベルジュラック」から、日本初公開となる特別映像が解禁された。

先日発表された英国演劇界最高峰のローレンス・オリヴィエ賞で見事リバイバル作品賞を受賞した本作。17世紀フランスに実在したシラノ・ド・ベルジュラックを主人公にした、エドモン・ロスタン作の戯曲。大きな鼻のコンプレックスに悩みつつ、一人の女性を胸中で慕い続けたシラノの物語は、1897年に初演されて以降、世界各地で上演が繰り返され、何度となく映画化・ミュージカル化もされている。

キャストによる作品解説

その名作中の名作が今回、マーティン・クリンプによって現代語訳された上演台本と、気鋭の演出家ジェイミー・ロイドによるかなりミニマルなステージングによって、装いも新たに生まれ変わった。ジェームズの圧倒的な演技力やラップを取り入れた台詞回しなど、見どころが満載で、いま最も注目される舞台のひとつ。

本編よりワンシーン公開
特別映像には、ジェームズから観客へのメッセージや、本作の解説などがありバラエティに富む映像となっている。

観客が期待できるもの
NTLive「シラノ・ド・ベルジュラック」は12月4日(金)~下記劇場にて公開。

公開館:
東京)TOHOシネマズ 日本橋、シネ・リーブル池袋
神奈川)TOHOシネマズ 川崎
大阪)大阪ステーションシティシネマ
名古屋)TOHOシネマズ 赤池
福岡)中洲大洋劇場
鑑賞料:一般3000円、学生・障害者割引2500円(学生は学生証の提示が必要)
上映時間:約3時間6分(休憩約20分含む)
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top