カエルのぺぺが辿る数奇な運命と社会のいま…『フィールズ・グッド・マン』日本公開決定

サンダンス映画祭2020で審査員特別賞新人賞を受賞したドキュメンタリー映画『フィールズ・グッド・マン』の日本公開が決定。日本版ティザービジュアルと特報映像も到着した。

映画 洋画ニュース
サンダンス映画祭2020で審査員特別賞新人賞を受賞したドキュメンタリー映画『フィールズ・グッド・マン』の日本公開が決定。日本版ティザービジュアルと特報映像も到着した。

米アンダーグランド・コミック界で人気のアーティスト、マット・フューリーの漫画「Boy’s Club」は、チルでハッピーなキャラクターたちが繰り広げる若者のリアルな日常を描き、カルト的な人気を博した。しかし、その主人公ぺぺが放ったセリフ「feels good man(気持ちいいぜ)」が全ての始まりとなる。

いつからか掲示板やSNSには、このセリフと共に“ネットミーム”として改変されたぺぺが溢れだし、2016年のアメリカ大統領選時には、匿名掲示板でオルタナ右翼たちが人種差別的なイメージとともにぺぺを大拡散、ADL(名誉毀損防止同盟)からヘイトシンボルとして正式認定。マットの思いとは裏腹にぺぺの乱用は加速し、トランプ大統領の誕生に一役買うまでに…。

『フィールズ・グッド・マン』(C)2020 Feels Good Man Film LLC
本作は、人気アーティストが生み出したキャラクター、カエルのぺぺが辿る数奇な運命と社会のいまを、アニメーションを織り交ぜて描き出したドキュメンタリー映画。本作の監督のアーサー・ジョーンズは、友人のマットを助けるために本作を製作した。

『フィールズ・グッド・マン』(C)2020 Feels Good Man Film LLC
映画には、Netflix「ボージャック・ホースマン」のリサ・ハナウォルトや、漫画家のジョニー・ライアンら気鋭クリエイターたちも登場する。

到着した特報映像では、ペペをはじめとした「Boy’s Club」のキャラクターが、「手を洗おう!」「マスクをつけよう!」などと、いまの日常をユーモアに演じている。



『フィールズ・グッド・マン』は2021年3月12日(金)よりユーロスペース、新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top