柴咲コウ“望美”の変貌に驚く視聴者続出「演技力の高さがよくわかる」…「35歳の少女」8話

柴咲コウ主演、坂口健太郎、鈴木保奈美、橋本愛らの共演でおくる「35歳の少女」の8話が11月28日放送。結人と決別した望美は動画サイトを駆使して新たなビジネスをはじめる…“大人”へと変貌を遂げた望美に視聴者にも大きな衝撃が走っている模様だ。

最新ニュース スクープ
「35歳の少女」第8話 (C) NTV
  • 「35歳の少女」第8話 (C) NTV
  • 「35歳の少女」第8話 (C) NTV
  • 「35歳の少女」第8話 (C) NTV
  • 「35歳の少女」第8話 (C) NTV
  • 「35歳の少女」第8話 (C) NTV
  • 「35歳の少女」第8話 (C) NTV
  • 「35歳の少女」第8話 (C) NTV
  • 「35歳の少女」第8話 (C) NTV
柴咲コウ主演、坂口健太郎、鈴木保奈美、橋本愛らの共演でおくる「35歳の少女」の8話が11月28日放送。結人と決別した望美は動画サイトを駆使して新たなビジネスをはじめる…“大人”へと変貌を遂げた望美に視聴者にも大きな衝撃が走っている模様だ。

主人公の時岡望美は10歳の頃、自転車事故で意識不明となり25年ぶりに目覚めるが、家族も社会も変わり果て、初恋の相手は夢に破れ、すべてが変わり果てていた。そんな世界で望美は失われた期間を取り戻すように成長していくが…という本作。

柴咲さんが望美役で主演し、坂口さんが広瀬結人に、鈴木さんに時岡多恵を、橋本さんが時岡愛美に、田中哲司が今村進次に、富田靖子が今村加奈に、竜星涼が今村達也に、細田善彦が相沢秀男に、大友花恋が林田藤子に扮する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
望美は結人の家を出て家族とも連絡がつかない状態になる。再び教師として働き始めた結人だが、自分の理想と現実のはざまで思い悩む。愛美は結人がかつていた代行業の会社に登録、恋人代行で人気になる…そんななか、進次は加奈から動画サイトのURLを受け取る。再生してみると、灰色の服に身を包んだ望美が「時間を売ってください」と語りかけていた…というのが今回のストーリー。


自宅に現れた進次に「暇を持て余してる人から時間を買って、やることがいっぱいあって時間が足りない人のために使ってもらうの。パパの年収ぐらいひと月で稼ぐ」と語る望美。これまでの少女のような口調やふるまいから一転、一気に大人びた彼女の姿に衝撃を受ける視聴者が続出。


「望美どうしちゃったの」「柴咲コウの突然のキャラ変に戸惑いを隠せない」などの声が殺到。


「柴咲コウの演技力の高さがよくよくよくわかる」「今日からの展開には柴咲コウさんピッタリやん、となっている」など精神年齢が10歳の状態から今エピソードまでを演じ分ける柴咲さんの演技を絶賛する声から「ママの言い方にそっくり。望美ちゃんは身近な女性を模して成長してきたのかしら」「望美、冷たくなったんじゃなくて大人の保身に走ってる」など望美の内面を考察したツイートまで様々な反応がSNSに入り乱れている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top