2021年のアカデミー賞授賞式、バーチャル開催ではなく通常通りの対面開催を想定

来年4月に開催予定のアカデミー賞授賞式は、コロナ禍にもかかわらずバーチャル(オンライン)開催ではなく、従来通りに対面での開催&放送を予定しているという。

最新ニュース ゴシップ
第91回アカデミー賞 (C) Getty Images
  • 第91回アカデミー賞 (C) Getty Images
  • ポン・ジュノ監督ほかキャスト&スタッフ/『パラサイト 半地下の家族』作品賞受賞【第92回アカデミー賞】 (C) Getty Images
  • 歌唱パフォーマンスに参加したイディナ・メンゼル&松たか子ら (C) Getty Images
  • アカデミー賞-(C)Getty Images
来年4月に開催予定のアカデミー賞授賞式は、コロナ禍にもかかわらずバーチャル(オンライン)開催ではなく、従来通りに対面での開催&放送を予定しているという。「Variety」誌が報じた。

例年2月の終わりの日曜日または3月の初めの日曜日に開催されている同授賞式。来年に関しては新型コロナウイルスの影響で、通常よりやや先の4月25日に開催日を設定したことをすでに発表済み。

主催者の映画芸術アカデミーは、来年の春までには映画館の営業が再開し、より多くの作品が賞レースに参加できるように願っているとのこと。しかし、たとえそれまでに映画館が再開していなくても、いつも通りに授賞式を開催することを想定しているという。

最近、同アカデミーは会場で3400座席を有するドルビー・シアターを訪問し、複数の選択肢を模索したようだ。対面での授賞式が開催されるとすれば、何人の候補者が参加できるか、あるいは参加を希望するかは不明。主演・助演賞にノミネートされる可能性がありそうな俳優たちには、アンソニー・ホプキンス(82)、ソフィア・ローレン(86)、エレン・バースティン(87)、メリル・ストリープ(71)など高齢者がずらり。感染した際の危険は否めない。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top