ショーン・コネリーらの『007』19作品がアメリカ限定でYouTube無料配信へ

新型コロナウイルスの影響で公開日が延期され、現在のところ来年4月2日に全米公開予定の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。

最新ニュース ゴシップ
『007/ネバーセイ・ネバーアゲイン』 (C) APOLLO
  • 『007/ネバーセイ・ネバーアゲイン』 (C) APOLLO
  • ショーン・コネリー Photo by Kevin Mazur/WireImage
  • 『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』 (C) APOLLO
  • 『007/ネバーセイ・ネバーアゲイン』 (C) APOLLO
新型コロナウイルスの影響で公開日が延期され、現在のところ来年4月2日に全米公開予定の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。当初は今年2月14日に世界同時公開が予定されており、同年4月、11月、そして来年4月へと延期が繰り返されてきた。1年以上待つことになってしまったファンのためなのか、最近亡くなった初代ジェームズ・ボンドのショーン・コネリーを追悼するためなのか意図は不明だが、YouTubeとMGMが粋なサプライズでファンを喜ばせている。

アメリカ限定だが、YouTubeで『007』シリーズ1作目の『007 ドクター・ノオ』から『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』までの19本が無料配信中なのだ。ショーン、ジョージ・レーゼンビー、ロジャー・ムーア、ティモシー・ダルトンがボンドを演じた『007』作品の全てが視聴可能。ショーンに関しては、『007』の番外編『ネバーセイ・ネバーアゲイン』も無料配信されている。

ピアース・ブロスナンのボンドとして最後の作品となった『007 ダイ・アナザー・デイ』や、その後ボンドに就任したダニエル・クレイグの作品は配信されていない。

無料配信期間がいつまでなのかは明らかになっていない。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top