『燃ゆる女の肖像』ノエミ・メルラン、遊園地のアトラクションに恋!?『恋する遊園地』公開

『燃ゆる女の肖像』でリュミエール賞主演女優賞に輝いたノエミ・メルラン主演の『JUMBO』が、邦題『恋する遊園地』として2021年1月15日(金)より日本公開決定。併せて日本版アートワークが解禁となった。

映画 洋画ニュース
『燃ゆる女の肖像』でリュミエール賞主演女優賞に輝いたノエミ・メルラン主演の『JUMBO』が、邦題『恋する遊園地』として2021年1月15日(金)より日本公開決定。併せて日本版アートワークが解禁となった。

監督のゾーイ・ウィットックが、エッフェル塔と恋に落ち、実際に結婚したアメリカ人女性の新聞記事から物語の着想を得たという本作。そして生み出されたのは人間の女性と、テーマパークの巨大なアトラクションとの恋を描いた奇想天外なロマンティック・ファンタジーだ。

『恋する遊園地』アートワーク(C)2019 Insolence Productions - Les Films Fauves - Kwassa Films
主人公のジャンヌを演じるのは、日本でも公開中の『燃ゆる女の肖像』で好演を見せるノエミ・メルラン。そして、もうひとつの主役はアトラクションの“ジャンボ”。フランスでイメージ通りのアトラクションを見つけた製作陣は、撮影地となるベルギーへ移動させ、1年もの時間をかけてカスタマイズし、ジャンボとして生まれ変わらせたという。

今回到着した日本版アートワークには、美しく幻想的な夜の遊園地で眩しく輝くアトラクション“ジャンボ”と、主人公ジャンヌの姿が。夜の誰一人いないテーマパークで、彼女はジャンボと心を通わせていく――。

『恋する遊園地』アートワーク(C)2019 Insolence Productions - Les Films Fauves - Kwassa Films

あらすじ


内気なジャンヌにとって、楽しみはアトラクションのミニチュアを制作すること。彼女は幼い頃から通ってきたテーマパークの夜間スタッフとして働きはじめる。そこで新たに導入されたアトラクション“ムーブ・イット”に出会った彼女。煌々と輝くライト、美しいメタリックのボディ、熱く流れる油圧のオイル、その全てに魅力されたジャンヌはひと目で恋に落ちる。ある静かな夜、「“ジャンボ”って呼んでいい?」と語りかけるジャンヌ。やがて、彼女の想いに呼応するようにジャンボはライトを灯し動きはじめ…。

『恋する遊園地』は2021年1月15日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top