眞栄田郷敦“稲辺”の「狂気」と工藤阿須加“宮坂”の死に衝撃…「教場II」前編

木村拓哉が“最恐”の警察学校教官を演じるフジテレビSPドラマ「教場II」の前編が1月3日放送。濱田岳演じる鳥羽暢照に眞栄田郷敦演じる稲辺が行った“狂気”溢れる行為に恐怖の声が上がるとともに、工藤阿須加演じる宮坂定の死に衝撃が広がっている。

最新ニュース スクープ
「教場II」前編 (C) フジテレビ
  • 「教場II」前編 (C) フジテレビ
  • 「教場II」前編 (C) フジテレビ
  • 「教場II」前編 (C) フジテレビ
  • 「教場II」前編 (C) フジテレビ
  • 「教場II」前編 (C) フジテレビ
  • 「教場II」前編 (C) フジテレビ
  • 「教場II」前編 (C) フジテレビ
  • 「教場II」前編 (C) フジテレビ
木村拓哉が“最恐”の警察学校教官を演じるフジテレビSPドラマ「教場II」の前編が1月3日放送。濱田岳演じる鳥羽暢照に眞栄田郷敦演じる稲辺が行った“狂気”溢れる行為に恐怖の声が上がるとともに、工藤阿須加演じる宮坂定の死に衝撃が広がっている。

昨年新春に放送された前作は、警察学校という密室を舞台に、生徒たちの抱えるさまざまな葛藤や秘密が渦巻き、次々と巻き起こる事件を乗り越え、卒業していくまでを描く緊迫感あふれるストーリーと、これまでにない木村さんの“ヒール”ぶりが多くの視聴者に衝撃を与え、大きな話題を呼んだ。


本作も前作同様に長岡弘樹の「教場」シリーズを原作に、『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一が脚本を手がけ、数多くの木村さん出演作でメガホンをとってきた中江功が演出を担当。木村さん演じる風間と彼の教場200期の生徒たちとのドラマを中心に物語が展開する。

200期の生徒たちとして、白バイ隊員になるため耳を鍛え、聴覚が異常に優れている鳥羽暢照に濱田岳、体力はないがハーモニカを吹くのが得意な忍野めぐみに福原遥、時間の感覚が人と違っていて遅刻が多い漆原透介に矢本悠馬、元剣道国体選手で警察官を目指す比嘉太偉智に杉野遥亮、杣利希斗に目黒蓮(Snow Man)、手先が器用なことから鑑識を目指す稲辺隆に眞栄田郷敦、伊佐木陶子には岡崎紗絵、お調子者でムードメーカーな吉村健太に戸塚純貴、体育会系女子でいじめられているめぐみを助ける堂本真矢に高月彩良、めぐみと親しい坂根千亜季に樋口日奈(乃木坂46)といった顔ぶれが参加。

警察学校を成績トップで卒業し、強行犯係の刑事を経て副教官見習いとなる田澤愛子に松本まりか。前作のラストで199期の生徒として登場、本作では休学の後、200期に復学する石上史穂に上白石萌歌。


また前作に登場した198期の生徒である宮坂定役の工藤阿須加をはじめ川口春奈、葵わかな、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平らも登場した。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
聴覚を鍛えたという鳥羽だが、プールに落とされた稲辺を助けようとして耳を傷めてしまい、さらに稲辺が無断外出の疑いをかけられた際、証言を求められ嘘をついたことで、それまで鳥羽を「先輩」と呼んで慕っていた稲辺の怒りが爆発。射撃場で鳥羽は身動きを取れなくされ、さらに耳にヘッドホンを瞬間接着剤でつけられる。自らが採取したアリと共に…。


このシーンに「耳にアリとか1番キツイ…」「怖くて薄目でみてた」など、恐怖に震える視聴者が続出。

さらに終盤では漆原が錯乱状態のような行動を取るようになる。実は遅刻しそうになっていたところ、交通整理をしていた宮坂に横断歩道を通してもらったのだが、その直後、宮坂が車にはねられ死亡していたことが判る。

前作の主要キャラだった宮坂の死に「宮坂くんに思い入れあり過ぎて最後の展開泣きそう」「宮坂さん亡くなったの悲しすぎる」「宮坂さんの殉職に結構なショックを受けてる」などの声が続出。前作のラストで風間が宮坂に語った言葉を思い返し「風間教官が宮坂くんに言ってたあの言葉フラグだった」などの反応も投稿されている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top