桐山漣が完璧彼氏に「ラブファントム」ドラマ化、ヒロインは小西桜子

桐山漣主演のドラマ「ラブファントム」がこの春、MBSドラマ特区枠にて放送決定。コメントも到着した。

最新ニュース スクープ
「ラブファントム」(C)みつきかこ・小学館/「ラブファントム」製作委員会・MBS 2021
  • 「ラブファントム」(C)みつきかこ・小学館/「ラブファントム」製作委員会・MBS 2021
  • 「ラブファントム」(C)みつきかこ・小学館/「ラブファントム」製作委員会・MBS 2021
  • 「ラブファントム」(C)みつきかこ・小学館/「ラブファントム」製作委員会・MBS 2021
  • 「ラブファントム」(C)みつきかこ・小学館/「ラブファントム」製作委員会・MBS 2021
  • 「ラブファントム」(C)みつきかこ・小学館/「ラブファントム」製作委員会・MBS 2021
  • 「ラブファントム」(C)みつきかこ・小学館/「ラブファントム」製作委員会・MBS 2021
桐山漣主演のドラマ「ラブファントム」がこの春、MBSドラマ特区枠にて放送決定。コメントも到着した。

ホテルカフェ店員の平沢百々子は、ある夜ホテルの空中展望台で見知らぬ男と出会う。吸い寄せられるようにキスを繰り返すふたり。恋愛経験ゼロのはずなのに、その男を何度も求めてしまう百々子。ほどなくして彼が同じホテル勤務の“完璧”すぎるほどのエリートホテルマン長谷慧だと知る。その夜のキスが忘れられない百々子だったが、何もなかったようにクールで冷たい態度の長谷に戸惑う百々子。あのキスは夢か、幻だったのか――。

原作は、累計300万部突破(電子版含む)のみつきかこの同名漫画。怪人と呼ばれるほど優秀で、容姿端麗、冷静でスマートなエリートホテルマン長谷慧と、不器用だが裏表のないホテルカフェ店員の平沢百々子との、キスから始まる“秘密の恋”を描いたラブストーリー。

極上に甘い“溺愛系”ラブ作品の原作の魅力を凝縮して詰め込み、毎回様々な甘いラブシーンが満載。回を追うごとに甘さが増していく長谷と百々子の多様なキスシーンにも注目。

そんな何事にも動じないクールな一面と、彼女には甘々な姿を見せる完璧彼氏、長谷慧を演じるのは、「おじさんはカワイイものがお好き。」への出演も話題となった桐山漣


役柄について「自分はゆったりした性格なので隙もたくさんありますし、自分とは真逆な印象でした」と語るも、「共感できるのは仕事人間なところ、僕も仕事は休むことなくずっとしていたい人なのでそこは寝れなかったり忙しかったりしても100以上を出そうとするマインドはとても共感できました」と話す。

また「安全を保ちながらスタッフ、演者のみなさんと持てる力を合わせて取り組みました。百々子と出会ってからの長谷の変化や周りからは見えにくい繊細な心にもそっと寄り添ってもらえたら嬉しいです」とコメントしている。

不器用だが裏表のないヒロイン平沢百々子を演じるのは、『初恋』「映像研には手を出すな!」の小西桜子。「私が演じる百々子が長谷さんと出会い、人を真っ直ぐに好きになって成長していく姿はとても魅力的」と語り、「日常を忘れさせるような甘くて刺激的なドラマを、今だからこそ楽しんでいただけると嬉しいです」とメッセージを寄せている。


そして、原作者のみつきさんは「映像となり音や色、動くキャラたちに演者さんの魅力が相まって、漫画よりパワーアップした甘々さに悶えてどうにかなりそうでした笑」と感想を明かしている。


ドラマ特区「ラブファントム」は春、MBSドラマ特区枠にて放送、放送後Huluにて定額見放題サービス独占配信。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top