通話記録から事件に没入…『私は確信する』想像力がかき立てられる本編映像

フランスの大ヒット裁判サスペンス劇『私は確信する』から、250時間もの通話記録をもとに事件に没入していく主人公・ノラをとらえた本編映像が解禁。

映画 洋画ニュース
『私は確信する』 (C) Delante Productions - Photo Severine BRIGEOT
  • 『私は確信する』 (C) Delante Productions - Photo Severine BRIGEOT
  • 『私は確信する』 (C) Delante Productions - Photo Severine BRIGEOT
  • 『私は確信する』 (C) Delante Productions - Photo Severine BRIGEOT
  • 『私は確信する』 (C) Delante Productions - Photo Severine BRIGEOT
  • 『私は確信する』 (C) Delante Productions - Photo Severine BRIGEOT
  • 『私は確信する』 (C) Delante Productions - Photo Severine BRIGEOT
殺人罪に問われた男の無実を確信するシングルマザーが、250時間もの通話記録をもとに真実に迫る大ヒット裁判サスペンス劇『私は確信する』。この度、耳から事件に没入していく主人公・ノラの“脳内捜査”の一部をとらえた本編映像が解禁となった。

>>『私は確信する』あらすじ&キャストはこちらから

この度解禁された本編映像は、ノラが自宅やランニング中、スーパーで買い物をしながら、事件のキーパーソンとなる被害者の愛人・デュランデの過去の通話記録をイヤホンで聴き、分析するシーン。

「被害者の夫であるジャック・ヴィギエが犯人に間違いない」という正義感からデュランデたちが、ダンス教師であった被害者の生徒や、新聞や週刊誌の記者へ、ジャックに不利なうわさを電話でどんどん広めていくが、ノラは、事件の真相にさらなる疑念を深めていく重要な場面。


細かいカット割りと、不穏なリズムのサウンドトラック、デュランデの低い声といった音による効果的な演出で、観る者の想像力が触発され、脳内で事件がフラッシュバック。ハラハラさせられながらも、いつの間にかあたかも自分自身が事件の捜査をしているかのような、没入体験を楽しむことができるだろう。

『私は確信する』 (C) Delante Productions - Photo Severine BRIGEOT
『私は確信する』は2月12日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top