フランスの未解決事件描く裁判サスペンス『私は確信する』予告&ポスター解禁

ヒッチコック狂の“完全犯罪”と物議を醸した未解決事件を映画化し、フランスで40万人を動員した大ヒット裁判サスペンス劇『私は確信する』から、予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

映画 洋画ニュース
ヒッチコック狂の“完全犯罪”と物議を醸した未解決事件を映画化し、フランスで40万人を動員した大ヒット裁判サスペンス劇『私は確信する』から、予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

>>『私は確信する』あらすじ&キャストはこちら

本作は、ヒッチコック狂による“完全犯罪”と世間を騒がせた、フランスで実際に起こった“ヴィギエ事件”の映画化作品。今回解禁された予告編では、スザンヌ・ヴィギエが失踪し、夫ジャックが起訴されたシーンから始まる。

遺体、証拠、そして動機もないことから、冤罪を確信したマリーナ・フォイス演じるシングルマザーのノラは、オリヴィエ・グルメ演じる敏腕弁護士デュポン=モレッティへ猛アタック。タッグを組み、膨大な通話記録を手に入れ真実を探っていく。

『私は確信する』 (C) Delante Productions - Photo Severine BRIGEOT
裁判のシーンでは、証人尋問で相手を追い詰めていくモレッティの姿が垣間見える。疑惑にあふれた事件の真相への好奇心を刺激し、観る者をハラハラさせる予告編が誕生した。


併せて解禁されたポスタービジュアルでは、上段に内なる確信を顔に宿した主人公ノラ、中段に貫禄溢れる弁護士デュポン=モレッティ、下段には騒然とする報道陣の写真を配置。「冤罪か、有罪か――。真実は二重の歪みにひそむ。」のキャッチコピーが据えられ、これから展開するドラマを予感させる1枚に仕上がっている。

『私は確信する』 (C) Delante Productions - Photo Severine BRIGEOT
『私は確信する』は2021年2月12日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top