磯村勇斗、綾野剛は「チャーミングで愛おしい兄貴」『ヤクザと家族 The Family』

映画『ヤクザと家族 The Family』初日舞台挨拶が行われ、1月26日に39歳の誕生日を迎えた綾野剛を「ヤクザと家族」チームでサプライズ祝福した。

最新ニュース レポート
『ヤクザと家族 The Family』初日舞台挨拶(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
  • 『ヤクザと家族 The Family』初日舞台挨拶(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
  • 『ヤクザと家族 The Family』初日舞台挨拶(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
  • 『ヤクザと家族 The Family』初日舞台挨拶(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
  • 『ヤクザと家族 The Family』初日舞台挨拶(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
  • 『ヤクザと家族 The Family』初日舞台挨拶(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
  • 『ヤクザと家族 The Family』初日舞台挨拶(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
  • 『ヤクザと家族 The Family』(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
  • 『ヤクザと家族 The Family』(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
綾野剛と舘ひろし、磯村勇斗、小宮山莉渚、藤井道人監督が映画『ヤクザと家族 The Family』の初日舞台挨拶に登壇。全国272劇場に生中継された舞台上では、先日1月26日に39歳の誕生日を迎えた綾野さんを「ヤクザと家族」チームでサプライズ祝福した。

>>『ヤクザと家族 The Family』あらすじ&キャストはこちらから

『新聞記者』のスタッフが再集結し、1999年、2005年、 2019年と変わりゆく時代に、ヤクザという生き方を選んだ男と、彼を取り巻く人々を家族の視点で描いた本作。まずは主演の綾野さんから、初日を迎えられたことに感無量の様子で喜びと感謝が述べられると、舘さん、磯村さん、小宮山さん、藤井監督もこれに続く。

中でも、綾野さんの娘役を演じた小宮山さんは、これが映画初出演、初舞台挨拶という初々しさを見せると、その様子にも“ぐっときた”と綾野さんが語り、感謝あふれる雰囲気で舞台挨拶が始まった。

『ヤクザと家族 The Family』初日舞台挨拶(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
早くもSNS上で「役者さんたちの迫真の演技に涙が止まらなくなってしまう」「ボロボロ泣きました。“愛”がありました」など号泣者が続出、家族や愛をテーマにした作品と評判が回っていることに対し、綾野さんは「(確かに)大傑作だと言われるし、集大成なのは間違いない。最愛の作品です」と語りはじめ、さらに「客観的な言葉を聞いて(自分が映画に込めた)愛を受け取ってもらえたという感覚になった。受け取ってもらえることが全てだし、渡しに行かなくても出会いにきてくれた、今の時代にただフィットしただけじゃないものがあると思うと、映画という家族に愛されて気がしている」と、彼なりの真摯な言葉で喜びを表現した。

“テーマは継承”、舘ひろしから綾野剛、そして磯村勇斗へ


『ヤクザと家族 The Family』(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
今回、舞台挨拶に登壇したキャストは、みな“意思を継ぎ、つなぐ”役どころ。舘さん演じる組長は、綾野さん演じる賢治を息子のように愛し、賢治は磯村さん演じる翼へ、そして小宮山さん演じる彩へと思いを継承していく、という関係性と なっていることもあり、トークは「継承」をテーマに繰り広げられることに。

綾野さんは舘さんに対し、佇まいだけで物語を語れるその偉大さに羨望の目を向け、実は今日は舘さんからプレゼントされたスーツを着ていることを明かし、その受け継いだ思いは、弟分を演じた磯村さんや小宮山さんにも継承されている気がすると続ける。

『ヤクザと家族 The Family』初日舞台挨拶(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
すると磯村さんも、綾野さんについて「チャーミングで愛おしい兄貴」と語り、ラストの重要なシーンを演じられたのは、綾野さん演じる“ケン兄”との関係が「そこまでにちゃんと出来上がっていたからだと思う」と綾野さんとのシーンがあったからこそ成立したと感謝。

「今回も褒めてくれた気がする」舘ひろしは渡哲也への思い明かす


『ヤクザと家族 The Family』初日舞台挨拶(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
最後に、この映画を誰に観て欲しいか?という問いかけに対し、綾野さんは「今やっている作品の仲間」とコメント。磯村さんは「一人でも多くの人に見てもらいたいからみなさん」と答え、小宮山さんは「家族」、監督は「会社の仲間」と答えるなか、舘さんは一瞬目頭を押さえ、 「やっぱり天国にいる渡哲也さん」と即答。「いつも褒めて、自信をつけてくれたから、今回も褒めてくれた気がする」と語り、舘さんにとっての渡さんの存在の大きさを改めて伺わせるひと幕も。

そして締めの挨拶…の前に、1月26日に誕生日を迎えた綾野さんを、サプライズで映画のキャスト・スタッフ一同で祝福。39GO(Thank you GO)と書かれた花束を進呈され、舘さんから「おめでとうございます。39歳なんてまだやりたい放題できる年だよね。いいな。今回はありがとうございました。綾野くんに引っ張られてできた映画ができました」 とメッセージを送られると、思いがけないことに驚きながらも「めちゃくちゃ嬉しいです」と喜びをコメント。

さらに、「今週『花束みたいな恋をした』、『名も無き世界のエンドロール』も公開となりますが、いろんな作品と手と手を合わせて、皆さんの心を華やかにできるようなエンタテインメントを、映画を届けたいと思っています」と、同日公開の邦画を挙げながら思いを口にし、「いつか、皆さんに自分から会いに行きます。またお目にかかれる日を楽しみにしています」と全国で中継を見ているファンに呼びかけていた。

『ヤクザと家族 The Family』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top