山田孝之主演『はるヲうるひと』6月4日公開、佐藤二朗が原作&監督務める

俳優・佐藤二朗が原作・脚本・監督を手掛け、自らも出演する映画『はるヲうるひと』の新たな公開日が6月4日(金)に決定したことが分かった。

映画 邦画ニュース
『はるヲうるひと』(C)2020「はるヲうるひと」製作委員会
  • 『はるヲうるひと』(C)2020「はるヲうるひと」製作委員会
  • 『はるヲうるひと』(C)2020「はるヲうるひと」製作委員会
  • 『はるヲうるひと』(C)2020「はるヲうるひと」製作委員会
  • 『はるヲうるひと』(C)2020「はるヲうるひと」製作委員会
  • 『はるヲうるひと』(C)2020「はるヲうるひと」製作委員会
  • 『はるヲうるひと』(C)2020「はるヲうるひと」製作委員会
  • 『はるヲうるひと』(C)2020「はるヲうるひと」製作委員会
  • 『はるヲうるひと』(C)2020「はるヲうるひと」製作委員会
俳優・佐藤二朗が原作・脚本・監督を手掛け、自らも出演する映画『はるヲうるひと』の新たな公開日が6月4日(金)に決定したことが分かった。

>>『はるヲうるひと』あらすじ&キャストはこちらから

佐藤監督が主宰する演劇ユニット「ちからわざ」の舞台を映画化した本作。主演を務めるのは山田孝之。また、仲里依紗、坂井真紀らが共演。佐藤監督曰く、「架空の島の売春宿で、生きる手触りが掴めず、死んだ様に生きる男女が、それでも生き抜こうともがく壮絶な闘いのおはなし」となっている。

『はるヲうるひと』(C)2020「はるヲうるひと」製作委員会
また本作は、2019年度第35回ワルシャワ映画祭の1-2コンペティション部門(長編監督2作目までの部門)に正式出品され、第2回江陵国際映画祭では最優秀脚本賞を受賞と、海外でも注目を集めている。

昨年4月に公開延期が発表されていた本作だが、ついに公開されることが決定し、佐藤監督は「本当に、撮影期間中、役者それぞれが、簡単には登れないような山にそれぞれ生傷を抱えながら、自分が生きる為に必死に登り詰める、そんな芝居を役者全員がした、奇跡のような作品だと思っています」と思いを語り、「映画館という日常とは違う何物にも代えがたい空間でご覧頂きたい」とコメントを寄せている。


『はるヲうるひと』は6月4日(金)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top