2021年も熱いNetflix韓国ドラマ「ヴィンチェンツォ」「シーシュポス」予告編解禁

昨年の「愛の不時着」「梨泰院クラス」の大ヒットをはじめ、「サイコだけど大丈夫」「青春の記録」「それでも僕らは走り続ける」「Sweet Home ー俺と世界の絶望ー」など、ハマる人が続出し、日本中で新たなブームを巻き起こしている韓国発のNetflixドラマ。

韓流・華流 スクープ
Netflixオリジナルシリーズ「ヴィンチェンツォ」2月20日(土)より独占配信開始(毎週土曜日エピソード更新)Netflixオリジナルシリーズ 「シーシュポス:The Myth」2月17日(水)より独占配信開始(毎週水曜日エピソード更新)
  • Netflixオリジナルシリーズ「ヴィンチェンツォ」2月20日(土)より独占配信開始(毎週土曜日エピソード更新)Netflixオリジナルシリーズ 「シーシュポス:The Myth」2月17日(水)より独占配信開始(毎週水曜日エピソード更新)
  • Netflixオリジナルシリーズ「ヴィンチェンツォ」2月20日(土)より独占配信開始(毎週土曜日エピソード更新)
  • Netflixオリジナルシリーズ「シーシュポス:The Myth」2月17日(水)より独占配信開始(毎週水曜日エピソード更新)
  • 「ヴィンチェンツォ」COMING SOON
  • Netflixオリジナルシリーズ「シーシュポス: The Myth」2月17日より毎週新着エピソード独占配信
  • Netflix映画『スペース・スウィーパーズ』2月5日独占配信
  • Netflix映画『 スペース・スウィーパーズ 』2月5日独占配信開始
  • Netflix映画『 スペース・スウィーパーズ 』2月5日独占配信開始
昨年の「愛の不時着」「梨泰院クラス」の大ヒットをはじめ、「サイコだけど大丈夫」「青春の記録」「それでも僕らは走り続ける」「Sweet Home ー俺と世界の絶望ー」など、ハマる人が続出し、日本中で新たなブームを巻き起こしている韓国発のNetflixドラマ。

この度、2月20日(土)より配信開始となるソン・ジュンギ主演「ヴィンチェンツォ」、そして2月17日(水)より配信開始となるパク・シネ&チョ・スンウ「シーシュポス:The Myth」から予告編&キービジュアルが一挙解禁。加えて、ブームを牽引する春の新作情報ラインアップも公開された。

ソン・ジュンギ&チョン・ヨビン&2PM・テギョン「ヴィンチェンツォ」



1作目は、Netflix配信中の映画『スペース・スウィーパーズ』、「太陽の末裔 Love Under The Sun」「トキメキ☆成均館スキャンダル」などの人気俳優ソン・ジュンギ、「恋愛体質~30歳になれば大丈夫」のチョン・ヨビン、人気アイドルグループ「2PM」オク・テギョンら豪華共演のダーク・サスペンス「ヴィンチェンツォ」

Netflixオリジナルシリーズ「ヴィンチェンツォ」2月20日(土)より独占配信開始(毎週土曜日エピソード更新)
ソン・ジュンギ演じるヴィンチェンツォはイタリアマフィアの顧問であり、冷酷な弁護士。高い交渉技術を持つ彼はある日、組織抗争の末にイタリアから韓国へと向かうことになり、冷淡な弁護士(チョン・ヨビン)と共に、悪のやり方で自らの正義を貫いていく。

予告編では、どこか危険な香りも漂わせるヴィンチェンツォが思いもよらぬ事件に巻き込まれていく様子が映し出され、「梨泰院クラス」でお馴染みのユ・ジェミョンの姿もちらり。キービジュアルでも威圧感のあるダークなヴィンチェンツォの姿が描かれている。果たして、悪vs悪による熾烈な争いの行方は!?

チョ・スンウ&パク・シネ「シーシュポス:The Myth」



2作目は、「秘密の森」で知られるチョ・スンウや、「アルハンブラ宮殿の思い出」ではヒョンビンと共演し、タイムパラドックススリラー『ザ・コール』やゾンビが蔓延した世界でのサバイバルを描く『#生きている』でヒロインを演じたパク・シネ出演のファンタジーミステリー「シーシュポス:The Myth」

「シーシュポス:The Myth」2月17日(水)より独占配信開始(毎週水曜日エピソード更新)
「青い海の伝説」「ドクター異邦人」のチョン・ヒョク監督による本作は、世の中に正体を隠しながら兄の死の真実を追う天才工学者ハン・テスル(チョ・スンウ)と、彼のために危険な道を遡ってきた救援者カン・ソヘ(パク・シネ)の旅程を描く謎に包まれた物語。

解禁された予告編は全カットが緊迫感に溢れ、謎が謎を呼ぶ物語の一端を堪能できる映像となっており、キービジュアルでも「1つの世界、2つの未来」という謎に満ちた言葉が刻まれている。危険な道を行く2人に待ち受ける運命とは!?

この春も見逃せないネトフリ韓ドラ!映画も!



シリーズだけでなく映画作品にも注目。2月5日より配信となり“今日の映画TOP10”入りしているNetflix映画『スペース・スウィーパーズ』は、「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギや「ミスター・サンシャイン」のキム・テリらが共演。韓国初の宇宙を舞台にしたSF大作映画で、2092年、宇宙ゴミ掃除船「勝利号」の船員たちは大量破壊兵器の人間型ロボットを発見、危険な取引へと向かう。

『スペース・スウィーパーズ』2月5日独占配信『スペース・スウィーパーズ』
そして、2021年春は過去のヒット作に続く新作ドラマシリーズが目白押し。自分に想いを寄せている人が近づくとアラームが鳴るアプリが開発され、恋愛事情が様変わりした世界を描くラブストーリー「恋するアプリ Love Alarm」は、待望のシーズン2が近日配信開始。

また、2月17日より配信開始となる「こんにちは? 私だよ!」は、恋も仕事も微妙な、つまらない人生を送る37歳のバン・ハニ(チェ・ガンヒ)の目の前に突然17歳の自分が現れるロマコメドラマ。17歳のハニを演じるのは『新感染半島 ファイナル・ステージ』のイ・レ。

「こんにちは? 私だよ!」2月17日より毎週新着エピソード独占配信「こんにちは? 私だよ!」
先月より配信され注目を集めているのが「結婚作詞 離婚作曲」。ソンフン、イ・テゴンら共演の本作は、充実した毎日を送る3人の女性に巻き起こる結婚生活の不協和音を描く。

チョ・ビョンギュ、キム・セジョンら出演、韓国ウェブ漫画原作の「悪霊狩猟団:カウンターズ」は、昼はククス麺屋の店員、夜は悪霊ハンターとなって悪鬼を狩る“カウンター”たちの物語。日本でも“今日の総合TOP10”に入るなど人気を博している。

「悪霊狩猟団:カウンターズ」「悪霊狩猟団:カウンターズ」
日本での“韓ドラ旋風”について、Netflixのコンテンツ部門バイス・プレジデント(韓国・東南アジア・オセアニア圏)のミニョン・キム氏は「日本の多くのNetflixメンバーに韓国発の映画やドラマを幅広くお楽しみいただいていることを大変嬉しく思います。昨年は日本における韓国作品の視聴時間が6倍伸びるなど、皆さまのご期待を追い風に感じています」と喜びのコメント。

さらに今後について、「今月配信を開始する『ヴィンチェンツォ』や『シーシュポス:The Myth』を皮切りに、今年も韓国からの作品を一層充実いたします。また、Netflixは韓国作品を観てくださるファン、そして多くの『Kコンテンツ』が集まる癒しや驚きをお届けできる場所となることを目指してまいります」と語っており、“ネトフリ韓ドラ”の豪華ラインアップはまだまだ続いていきそうだ。

「シーシュポス: The Myth」2月17日より毎週新着エピソード独占配信「シーシュポス:The Myth」
Netflixオリジナルシリーズ「ヴィンチェンツォ」は2月20日より独占配信開始、毎週土曜日エピソード更新。

Netflixオリジナルシリーズ「シーシュポス:The Myth」は2月17日より独占配信開始、毎週水曜日エピソード更新。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top