最も“胸ときめく”ディズニー作品は?『美女と野獣』ほかベスト3決定

ディズニープラスにて配信されているディズニー映画の名作の中から、バレンタインシーズンに観たい、胸ときめく作品は?

映画 洋画ニュース
『美女と野獣』(C)  2021 Disney
  • 『美女と野獣』(C)  2021 Disney
  • 「リトル・マーメイド」(C) 2021 Disney
  • ディズニープラスバレンタイン特集 (C) 2021 Disney
  • 『美女と野獣』(C)  2021 Disney
  • 『美女と野獣』(C)  2021 Disney
  • 「アラジン」(C)2021 Disney
  • 「アラジン」(C)2021 Disney
  • 「アラジン」(C)2021 Disney
バレンタインシーズンにあわせ、シネマカフェではディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」にて配信されているディズニー映画の名作の中から、この季節だからこそ観たい、胸ときめく作品について読者アンケートを実施。最も多くの支持を集めて1位に選ばれたのは実写版『美女と野獣』、そして『アラジン』と『リトル・マーメイド』が続く結果となった。

名作から大ヒット実写映画まで!バレンタインに観たい作品を特集


ディズニープラスバレンタイン特集 (C) 2021 Disney
現在、ディズニープラスでは「バレンタインに恋したい理想の映画キャラクター」特集を配信中。『美女と野獣』や『アラジン』『シンデレラ』など、誰もが知るディズニーの名作ラブストーリーのキャラクターや、『ズートピア』『Mr.インクレディブル』『パイレーツ・オブ・カリビアン』 など、個性的なキャラクターに注目した幅広いラインナップが勢揃い。ときにキュートに、ときにスマートに、魅力的なキャラクターたちが織りなす“ときめきのシーン”は何度でも見直したくなる名場面ばかり。

ディズニーを代表するカップルのミッキーとミニーはもちろん、『わんわん物語』からは「映画史に残る最高のキスシーン」(※)にもランクインしたロマンティックなキスシーン、『美女と野獣』や 『アラジン』『塔の上のラプンツェル』などに登場するカップルたちが互いの心を通い合わせる瞬間など、ときめく気持ちや会いたいけれどなかなか会えない大切な人を思い出させてくれる、魔法のような愛に溢れたシーンにきっと出会えるはず。
(※)英 Total Film 誌発表


なお、2月12日(金)からはバレンタイン特集第2弾として、日本語吹替の人気声優たちによる“耳でときめく”作品を一挙に楽しめる「恋する季節はイケボに耳キュン」特集が予定されている。

シネマカフェ読者が選んだ、“胸ときめく”ディズニー作品は?


「アラジン」(C)2021 Disney
シネマカフェでは今回の特集にあわせ、ラインナップ作品の中からこの季節に観たい作品をピックアップし、「あなたがときめくディズニー作品は?」「ときめくシーンを教えてください」という読者アンケートを実施(※)。10代から60代まで、幅広い層から愛たっぷりの声が寄せられた。(※)1月29日(金)~2月2日(火)まで

▶1位:『美女と野獣』(実写版)


『美女と野獣』(C)  2021 Disneyエマ・ワトソンを主演に、ユアン・マクレガー、ルーク・エヴァンスら豪華実力派キャストが集結した名作ディズニー・アニメーションの実写映画。

魔女の呪いによって野獣の姿に変えられてしまった王子。呪いを解く鍵は、魔法のバラの花びらが全て散る前に誰かを心から愛し、そして愛されること。独り心を閉ざし本当の自分を見失っていた野獣と、心に孤独を抱えながらも自分の輝きを信じて生きる、聡明な女性ベルが出会い、お互いの運命を変えていく。

2人の出会いから、お互いの印象が次第に変化していく過程が名曲と共に描かれる本作。圧倒的支持を得て1位に選ばれた『美女と野獣』ではベルと野獣の「ダンスシーン」を多くの人がチョイス。その一方、「ベルのために野獣が書庫をプレゼントするシーン ベルが喜ぶ贈り物を考えた野獣の優しさにうたれました」という声や、「愛の芽生え(Something There)」が流れる中で2人が「2人が雪を投げ合うシーン」「ベルと野獣の目が愛に溢れた目に変わるところ」を推す声も。ラストの「ベルの愛により、王子に戻るシーン」にも支持が寄せられた。

『美女と野獣』(C)  2021 Disney
ディズニープラスで『美女と野獣』(実写版)を観る

▶2位:『アラジン』


「アラジン」(C)2021 Disney
貧しいけれど清い心を持った青年アラジンが手に入れた魔法のランプから飛び出したのは、願いごとをかなえてくれるという愉快な魔人・ジーニー。ところが、邪悪な右大臣ジャファーも、魔法のランプを手に入れようと狙っていた! アラジンと自由奔放な王女ジャスミンとの恋の行方は!?

名曲「ホール・ニュー・ワールド」と共に魔法の絨毯で空を飛ぶ直前の、「僕を信じて」を推す人が多数。その後の「空中デートからのおやすみキス」までの流れを挙げる人や、「どこ、というよりも映像と音楽がマッチしているところが大好き」という熱い声も見られた。ちなみに、2019年公開の実写版ではミュージカル経験のある俳優・中村倫也、ミュージカル女優・木下晴香らのプレミアム吹替版も話題となった。

「アラジン」(C)2021 Disney
ディズニープラスで『アラジン』を観る

▶3位:『リトル・マーメイド』


「リトル・マーメイド」(C) 2021 Disney
純粋でいつも好奇心いっぱいのマーメイド、アリエルは、仲良しのフランダーやカニのセバスチャンたち愉快な仲間と一緒に海の王国に暮らしていた。あるとき、人間の王子エリックと出会ったアリエルは、一途な恋を叶えるために海の魔女アースラとの魔法の約束を果たすことに…。

深海の世界を舞台に人魚と人間のロマンティックな恋を描き、いまなお多くの人々を魅了し続ける名作ミュージカル・ファンタジー。「アリエルがエリックを助けて浜辺で歌うところ」という全ての始まりのシーンや、カニのセバスチャンたちの演出で「湖の上でアリエルとエリックがキスをしようと近づくシーン」にときめくという声、感動的な「最後の船上結婚式」を挙げる人など、それぞれ様々なシーンに思い入れがあるよう。

「リトル・マーメイド」(C) 2021 Disney
「歌で泣けちゃう」というコメントもあり、上位に入った作品はいずれも語り継がれる名曲たちがひと役買っていることがうかがえた。

ディズニープラスで『リトル・マーメイド』を観る
(C) 2021 Disney
上記作品は全てディズニープラスで配信中。
<提供:ウォルト・ディズニー・ジャパン>
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top