シム・ウンギョン“倉木”の現在が様々な憶測呼ぶ、山本耕史“羽鳥”との関係性は?「アノニマス」4話

香取慎吾が主演し、関水渚らも出演する新感覚クライムサスペンス「アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~」の4話が2月15日放送。シム・ウンギョン演じる倉木の“現在”に視聴者から様々な憶測が上がり、羽鳥との関係性についても考察が及んでいる。

最新ニュース スクープ
「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
  • 「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
  • 「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
  • 「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
  • 「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
  • 「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
  • 「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
  • 「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
  • 「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
香取慎吾が主演し、関水渚らも出演する新感覚クライムサスペンス「アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~」の4話が2月15日放送。シム・ウンギョン演じる倉木の“現在”に視聴者から様々な憶測が上がり、羽鳥との関係性についても考察が及んでいる。

ネットの誹謗中傷が人の命を奪う現代…社会問題となっているキーボードによる殺人=指殺人対策のため新設された「警視庁指殺人対策室」=通称「指対(ゆびたい)」に配属された主人公たちの活躍を描く本作。

「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
元捜査一課だが2年前“相棒の暴走”によって第一線から外され、指対に異動した万丞渉を香取さんが演じるほか、指対で万丞とバディを組むことになる碓氷咲良に関水渚。指対のメンバーで特定が得意な菅沼凛々子にMEGUMI。同じく指対でデジタル担当をしている四宮純一に清水尋也。温厚な人柄の指対室室長・越谷真二郎に勝村政信。万丞と対立する捜査一課の羽鳥賢三に山本耕史。万丞のかつての相棒・倉木セナにシム・ウンギョンといったキャストが出演。

「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
指対に税理士の夫・清二(小松和重)に連れ添われ元アイドルの真壁澪(田中美里)が指対に現れる。W不倫が報じられ批判が殺到、ネットが炎上したという。当初は不倫を否定していた澪だが、実際は相手の男性とマッチングアプリで知り合い繰り返し会っていたという。澪に話を聞くなかで四宮が調べた柳田という名前を出した途端、澪は激しく動揺、倒れてしまう。清二によれば柳田は澪に激しいストーカー行為を繰り返し、挙句の果てに実刑にまでなっていた。清二は今回も柳田が犯人だといい、早く捕まえてくれと話す。

「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
一方、マッチングアプリを退会していた澪の不倫相手が再びアカウントを復活させ、澪に接触。万丞と咲良は柳田から話を聞こうとして逃げられてしまう。その後SNSに柳田と思われるアカウントから“明日の収録場所に行く”という投稿がなされ、万丞らは収録に同行するのだが清二が刺され…というのが今回の物語。

「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
今回、2年前にガセネタを掴んだ倉木が暴走、追っていた相手を死なせ、自らも瀕死の重傷を負い、万丞は相棒の暴走を止められなかったことを深く後悔し、一線を退いていたことが明かされた。ラストでは車椅子の倉木を見舞い「今日は冷えるな」と声をかける場面もあり、これまでの描写から倉木が亡くなったと思っていた視聴者からは「倉木刑事の生存確認で、私のテンションは爆上がり」「そういえば“死んだ”って言葉は出てない」などの声が続々。

「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第4話(C)「アノニマス」製作委員会
万丞に対し無反応の倉木にも「記憶なくしてるのかな」「最終回に万丞さんと倉木さんが会話できるようにならないかな」という感想が送られるなか、「羽鳥さんと倉木さんにも何か、深い関係があったんじゃないかな」と、羽鳥が万丞に強い憎しみを抱く理由について考察する視聴者も現れている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top