アラジン登場のシーズン6から最終章へ「ワンス・アポン・ア・タイム」配信スタート

『白雪姫』や『アナと雪の女王』など、ディズニー作品の人気キャラクターたちが現代の世界に閉じ込められた世界的大ヒットドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」のシーズン6とファイナル・シーズン7がディズニープラスに登場。

海外ドラマ スクープ
『白雪姫』や『アナと雪の女王』など、誰もが知るディズニー作品の人気キャラクターたちが現代の世界に閉じ込められ、物語の世界とシンクロする設定が話題となった世界的大ヒットドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」。そのシーズン6とファイナルとなるシーズン7がDisney+(ディズニープラス)で定額動画配信サービスに初登場、2月19日(金)より配信開始されることになった。

悪い女王の呪いによって記憶を消され現実世界に閉じ込められてしまったおとぎ話の主人公たち。現実世界の舞台はアメリカ・メイン州のとある町、ストーリーブルック。息子と名乗る少年ヘンリーに導かれ、ストーリーブルックへとやって来た主人公エマ・スワン。少し気になる住人たちの様子、そしてヘンリーが持つ不思議な絵本に導かれ、エマはこの街の謎を解くカギに少しずつ近づいていく。なぜこの町に呪いがかけられたのか――。

白雪姫や赤ずきん、ピノキオなどキャラクターたちは呪いをかけられ、現代にふさわしい姿に変えられてストーリーブルックで暮らしているという、“物語の世界”と“現代”を繋ぐ異色のファンタジー・ミステリーが待望の新シーズンに突入。そしてついにファイナルシーズンを迎える。

呪いは解けるのか? 衝撃の真実がついに明らかに!


「ワンス・アポン・ア・タイム」シーズン6、シーズン7(C) 2011 ABC Studios. All Rights
今回配信されるシーズン6では、呪いをとける唯一の存在とされる主人公エマの前に邪悪な女王が現れ、さらなる呪いがストーリーブルックを襲う。エマは運命を変えることができるのか。さらに、いままで語られなかった物語の世界から、新たなキャラクターとして救世主のアラジンや、ジャスミン、ジャファーなどが登場。

そして最終章となるシーズン7は、シーズン6から数年後の世界が描かれる。それぞれの世界に希望を取り戻すため、再び壮大な冒険の旅へ。最終回には、ファン必見のサプライズが待っているという。

配信に先駆けて解禁となった日本版予告編では、ロビン・フットが放つ矢が巨大な怪物を突き刺すシーンや、ついに幕を開けた、最終決戦へと向かう迫力あるシーン等が盛り込まれている。


本作の魅力は、ディズニー作品の人気キャラクターたちが予想外の設定で登場すること。これまでのシーズンでは『アナと雪の女王』のアナとエルサ、『リトル・マーメイド』のアリエル、『眠れる森の美女』のオーロラ姫、『ピーター・パン』のピーター・パン、ティンカー・ベルといった超人気キャラクターがおとぎ話とは異なる設定で登場し、物語の大きな鍵を握ってきた。

シーズン6では『アラジン』のアラジンとジャスミン、さらにシーズン7では『ふしぎな国のアリス』からアリスが登場。ディズニープラスでは、これまでのシーズン1~5までを合わせて配信しており、これで最終シーズン7まで一気見も可能になる。

「ワンス・アポン・ア・タイム」シーズン6、シーズン7は2月19日(金)よりDisney+(ディズニープラス)にて配信開始。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top