Disney+で『ブラックパンサー』のスピンオフドラマ制作へ 舞台はワカンダ王国

『ブラックパンサー』のライアン・クーグラー監督と彼の製作会社「Proximity Media」が、ディズニーと複数年にわたる契約を交わした。

最新ニュース ゴシップ
ライアン・クーグラー監督  (C) Getty Images
  • ライアン・クーグラー監督  (C) Getty Images
  • ライアン・クーグラー監督&チャドウィック・ボーズマン (C) Getty Images
  • 『ブラックパンサー』キャスト陣(C)Getty Images
『ブラックパンサー』のライアン・クーグラー監督と彼の製作会社「Proximity Media」が、ディズニーと複数年にわたる契約を交わした。

ディズニーの取締役会長ボブ・アイガーは、クーグラー監督を「彼の世代で傑出したフィルムメーカー」と称え、「私たちはライアンと彼らのチームと関係を深め、さらなる多くの素晴らしいストーリーをみなさんにお届けするのを楽しみにしています」とコメント。

クーグラー監督は「ウォルト・ディズニー・カンパニーとパートナーシップを結べることをとても光栄に思っています。『ブラックパンサー』で同社とタッグを組んだときは、夢が叶ったと思ったものです。(中略)ディズニーのプラットフォームを通じて学び、成長し、世界中の観客と関係を築いていくのが楽しみです」と語っている。


契約後の作品第1弾として、すでに『ブラックパンサー』のスピンオフドラマの制作が決定したという。舞台は同作やマーベルコミックに登場した、アフリカの架空の王国「ワカンダ」。マーベルスタジオがツイッターで発表し、多くのファンがコメント欄に「イエス!」と喜びの声を寄せている。アメリカでは今月が「黒人歴史月間」であることから、「素晴らしいスタートが切れた」という声も。

現在のところ、クーグラー監督は2022年7月8日全米公開予定の『ブラックパンサー』の続編を製作中。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top