実写ドラマ版「パワーパフガールズ」のキャストが決定 バブルス役にダヴ・キャメロン

実写ドラマ版「パワーパフガールズ」のパイロット版で、主要キャラを演じる3人の女優が明らかになった。

最新ニュース ゴシップ
ダヴ・キャメロン-(C)Getty Images
  • ダヴ・キャメロン-(C)Getty Images
  • クロエ・ベネット-(C)Getty Images
  • 「The Powerpuff Girls」 (C) APOLLO
  • 「The Powerpuff Girls」 (C) APOLLO
  • 「The Powerpuff Girls」 (C) APOLLO
  • 「The Powerpuff Girls」 (C) APOLLO
  • 「The Powerpuff Girls」 (C) APOLLO
実写ドラマ版「パワーパフガールズ」のパイロット版で、主要キャラを演じる3人の女優が明らかになった。「Variety」誌によると、ブロッサム役にクロエ・ベネット(「エージェント・オブ・シールド」のスカイ役)、バブルス役にダヴ・キャメロン(『ディセンダント』シリーズのマル役)、バターカップ役にヤーナ・ペローが決定したという。

クロエは「!!!!」、ダヴは「タウンズヴィルの街が攻撃されている」、ヤーナは「ギャラが保証された」とジョークを飛ばしながら「本当に感謝している。夢みたいで信じられない。感情の整理中。幸せすぎる」とそれぞれが「パワーパフガールズ」への出演をインスタで報告し、喜びを爆発させている。


なんとダヴは2013年4月9日に、ツイッターで「実写映画の『パワーパフガールズ』で、本当にバブルス役を演じたいな」とつぶやいていた。“映画”ではないものの8年後にバブルス役をゲットしたことで「夢が叶ったね」「本当に実現した」など、ファンもびっくり。


ヤーナは今作が映像デビューになるが、ブロードウェイでの大きな公演(「Jagged Little Pill」や「ハミルトン」)に出演し、舞台で活躍している女優だ。

オリジナルのアニメ版では、タウンズヴィルの街を守るために戦っていた3人のパワーパフガールズは幼稚園児だったが、実写ドラマでは20代の女性となっている。現時点では、パイロット版のみの制作が明らかになっている。
《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top