『ビバリウム』は母国アイルランドの現実!? 監督ロルカン・フィネガンが語る

ラビリンス・スリラー『ビバリウム』でメガホンをとった、ロルカン・フィネガン監督のインタビュー映像がシネマカフェに到着。

映画 洋画ニュース
『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』 (C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』
  • 大島依提亜『ビバリウム』特別版ビジュアル
ジェシー・アイゼンバーグとイモージェン・プーツが共演するラビリンス・スリラー『ビバリウム』。この度、住宅地から出られなくなったうえ、子育てをすることになるカップルの精神が崩壊していく様を描いた本作で、世界の注目を集めるロルカン・フィネガン監督のインタビュー映像がシネマカフェに到着した。

>>『ビバリウム』あらすじ&キャストはこちらから

映像にはインタビューのほかに、ジェシーとイモージェンが映るメイキングも収められている。ロルカン監督は早速、「人間はいわば強制的に社会契約を結ばされている」と独自の視点から社会の現実を語り、「生きるべき規範を社会に定められ それに従うことを求められるんだ」と自分で見解を述べる。


続けてロルカン監督の母国アイルランドの住宅問題について、「住宅ブームが起きたアイルランドでは郊外にしか家が持てない」と明かす。「近所に誰が住んでいるのかも知らず パック詰めの加工食品を食べる おぞましい生活だよ」と、まるで本作『ビバリウム』の世界観と同様な状態にあったことを明かす。

『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
この発言から、監督自身の身近で起きた住宅問題からインスピレーションを受け、奇妙で不気味な“ビバリウム”という世界が出来上がったといえる。撮影環境に関しては、「奇妙なストーリーに現実味を持たせるため 偽物だがリアルな世界を作り上げた」と監督。

『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
さらに主演2人について、「イモージェンとジェシーとの撮影は楽しい!ダークな映画だけど笑いに満ちてた」と、愉快な撮影期間を過ごしたことをふり返る。映像ではスコップを片手に穴の中に座ったり、なにやら楽しそうに話すジェシーの姿や、お茶目な動きをして笑いを誘うイモージェンの姿にも注目。

『ビバリウム』は3月12日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top