ジェシー・アイゼンバーグ「連帯感が生まれた」撮影裏を明かす『ビバリウム』

『ビバリウム』から、新興住宅地ヨンダーから抜け出せなくなるカップルのトムを演じたジェシー・アイゼンバーグのインタビューと撮影風景が収められた映像が解禁。

映画 洋画ニュース
『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』 (C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』 (C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
  • 『ビバリウム』
ジェシー・アイゼンバーグとイモージェン・プーツの共演で贈る“ラビリンス・スリラー”『ビバリウム』。この度、新興住宅地ヨンダーから抜け出せなくなるカップルのトムを演じたジェシーのインタビューと撮影風景が収められた映像が解禁となった。

>>『ビバリウム』あらすじ&キャストはこちらから

ジェシーは、撮影の裏側について「ベルギーに住宅街のセットを作り、家の外のシーンは全てそこで撮影して、家の中のシーンはダブリンのセットで撮った」と謎の住宅街の外と中は、実は国境をまたいで撮影していたことを明かす。


現場のセットはまさに全てが“作り物”で、まるでヨンダーの世界そのもの。このように、登場人物たちと同じような環境で撮影したことに対し、「非現実的な並行世界を表現することができた」と話す。

『ビバリウム』(C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
また、『ソリタリー・マン』(11)、『恐怖のセンセイ』(19)以来3度目の共演となるイモージェンについて「素晴らしい女優だし、一緒に演じてて楽しい。それに彼女は存在感がある。僕が演じるトムはジェマに引け目を感じている。そのジェマを演じるイモージェンは自信にあふれ堂々としていて、尊敬できる人だよ! だから自然と彼女への憧れを表現できた」と、トムとジェマの関係性を明かしつつ、イモージェンを称賛した。

『ビバリウム』 (C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
トムとジェマのように非現実的なセットの中、リハーサル前には役の方向性について監督と熱心に議論を交わしたそうで、「僕の意見を受け入れてくれて彼らとの連帯感が生まれた」とジェシー。メイキング映像では、彼が深い穴をひたすら掘り進める撮影風景も登場。本編ではどのようなシーンに仕上がっているのか、気になるばかりだ。

『ビバリウム』はTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top