『search』製作陣が贈る母娘の狂気の愛『RUN』日本公開決定

『search/サーチ』のアニーシュ・チャガンティ監督と製作チームが新たに描くサイコ・スリラー『RUN/ラン』の日本公開が決定した。

映画 洋画ニュース
『RUN/ラン』(C) 2020 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『RUN/ラン』(C) 2020 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『RUN/ラン』(C) 2020 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • サラ・ポールソン-(C)Getty Images
『search/サーチ』のアニーシュ・チャガンティ監督と製作チームが新たに描くサイコ・スリラー『RUN/ラン』の日本公開が決定した。

ある郊外の一軒家で暮らすクロエは、生まれつき慢性の病気を患い、車椅子生活をしている。しかし、常に前向きで好奇心旺盛な彼女は、地元の大学への進学を望み自立しようとしていた。ある日、クロエは母ダイアンに不信感を抱き始める。そして、ダイアンが新しい薬と称して差し出す緑色のカプセル――それは決して人間が服用してはならない薬だった。なぜ最愛の娘に嘘をつき、危険な薬を飲ませるのか。そこには恐ろしい真実が隠されていた…。

謎の失踪を遂げた娘を捜索する父親の苦闘を描き、画期的な映像表現で世界中の映画ファンを驚愕させた『search/サーチ』。その成功によって一躍、新世代スリラーの旗手となったアニーシュ・チャガンティ監督が、同じ製作チームと組んで完成させた長編第2作目となる本作は、チャガンティ監督がスリラーの原点に回帰した意欲作。生まれつき病気で車椅子生活を余儀なくされている17歳の娘と、その娘に歪んだ愛情を注ぐモンスター毒母…。その母娘関係を非常にネガティブに描いている。

娘クロエ役はオーディションで抜擢された新人女優のキーラ・アレン。母ダイアンは、「アメリカン・ホラー・ストーリー」で現代のサイコホラーの象徴的存在となったサラ・ポールソンが怪演。アメリカでは昨年11月に「Hulu」での配信がスタートし、配信初週における同サービス最高視聴者数の記録を更新した。

サラ・ポールソン-(C)Getty Imagesサラ・ポールソン
日本公開決定の発表と合わせて、鬼気迫る表情のクロエと、そんな娘を飲み込むかのような、静かに一点を見つめる巨大な母ダイアンが写し出されたポスタービジュアルも到着した。

『RUN/ラン』(C) 2020 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
『RUN/ラン』は6月、TOHOシネマズ日本橋ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top