『ノマドランド』クロエ・ジャオ監督「ありのままの世界が映画を特別にする」

映画賞レースで注目の『ノマドランド』からクロエ・ジャオ監督らが、ノマドたちのリアルな生き様を活写した本作について語るインタビューやメイキング映像が存分に詰まった特別映像が到着。

映画 洋画ニュース
『ノマドランド』メイキング (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • 『ノマドランド』メイキング (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • 『ノマドランド』メイキング (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • 『ノマドランド』メイキング (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • 『ノマドランド』リンダ・メイ (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • 『ノマドランド』 (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • 『ノマドランド』 (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • 『ノマドランド』 (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • 『ノマドランド』(C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
第78回ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ドラマ部門)、監督賞の主要2部門を受賞した『ノマドランド』。アジア人女性初の監督賞ノミネートにして初受賞の快挙を果たしたクロエ・ジャオ監督らが、ノマドたちのリアルな生き様を活写した本作について語るインタビューやメイキング映像が存分に詰まった特別映像が到着した。

>>『ノマドランド』あらすじ&キャストはこちらから

『最強のふたり』『三度目の殺人』などの劇伴を担当したイタリアの巨匠ルドヴィコ・エイナウディの美しい音楽と共に、本作の舞台となったアメリカ西部の美しい光景が映し出されてスタートする本映像。リーマンショックによって住居を失い、やむを得なく車上で生活を送るノマドの過酷ながら希望にも溢れた生き様を描いた本作に、ジャオ監督は「放浪する人々の物語を語るために必要なのは人々が放浪に魅了される理由を理解すること」と明かすように、ノマドの生き方そのものに寄り添いながら本作の製作は進められたと明かす。


本作で主人公ファーンを演じ、プロデューサーとしても参加している名優フランシス・マクドーマンドからのオファーによって本作の監督を務めたジャオだが、同じくプロデューサーのモリー・アッシャーは「監督が本作で描いたのはアメリカンドリーム。外国出身者ならではの鋭い視点で捉えている」と、その手腕を大絶賛する。

ノマドの生き様をリアルに描くためにジャオ監督が採用したのは『ザ・ライダー』でも行った“俳優ではない一般人を役者に起用する”ということ。ファーンを演じたマクドーマンドと、オリジナルキャラクターのノマドを演じたデヴィッド・ストラザーン以外のノマド役が全て一般人によって演じられている。

『ノマドランド』 (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
そのひとりで劇中でファーンと友人になるノマドのリンダ役として出演したリンダ・メイは「監督はただ歩き回って、人々の振る舞いを観察し、それを完璧に捉えた」と監督について言及するように、本映像では、リンダがファーンにノマドの生活について語る様子、また2人で自由な生活を謳歌する様子も映し出される。そのあまりに自然な掛け合いに微笑ましくなると同時に、驚きも隠せないワンシーンとなっている。

『ノマドランド』リンダ・メイ (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
ジャオ監督は「リアルな作品にするために必要なのは、登場人物を軸に、配役やロケ地を決めること。彼らの経験と彼ら個人に光を当てること」「ありのままの世界が映画を特別にする」と力強く持論を語っている。

『ノマドランド』メイキング (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
また、そんな本作をひと足先に鑑賞した是枝裕和監督や、今泉力哉監督、ふくだももこ監督、モデルの冨永愛ら著名人からも多くのコメントが到着している。

是枝裕和(映画監督)


終始マクドーマンドから目が離せない。いや、目を逸らすことを許されない。そこに写っているのは最早、女優ではない。演技でもない。上手い言葉が見つからない。とにかく、凄いものを見てしまった。

今泉力哉(映画監督)


とても不思議な気持ちになった。
人間ってちっぽけなんだなと思った。
でもそれを感じることができるのも人間で。
自然の方が人間より優れてるとかじゃなくて人間も自然の一部であることを教えてくれる映画。

ふくだももこ(映画監督・小説家)


映画は、監督が世界をどう見ているかがはっきりと映る。
クロエ・ジャオ監督の、薄暮のように嫋やかなまなざしが好きだ。
喪失を抱きしめながら車を走らせる主人公に、やさしい夜が訪れますように。

冨永愛(モデル)


生きることは旅する事というけれど、旅する事で私達は何を探し求めているのだろうか。
生きる上で何を選択し、何を排除するのか…。
逞しくも哀しく生きる彼女に自分を重ねずにはいられない。
もし私が彼女だったら…。

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)


最底辺で生きる人たちの姿を淡々と、ほとんどドキュメンタリーのように描いた美しい映画です。
フランシス・マクドーマンドと聞いただけで間違いない!

酒井順子(エッセイスト)


経済というくびきに翻弄されるアメリカという国、そしてアメリカ人の心中に広がる“荒涼たる絶景”に、圧倒されました

山崎まどか(コラムニスト)


今のアメリカのシステムでは救えない人々
それでも政府の介入を望まず、自分の生き方を貫こうとする人々
彼らの厳しい生活、自由と裏表の危うさ、矛盾、人生の輝きを
包み込んで、クロエ・ジャオは何という映像の叙事詩を綴ったのだろう

『ノマドランド』は3月26日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top