浮所飛貴への“好き”が加速する『胸きみ』本予告、「美 少年」が主題歌担当

浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)が映画初主演する『胸が鳴るのは君のせい』から予告編が解禁。「美 少年/ジャニーズJr.」による楽曲「虹の中で」が主題歌に決定。

映画 邦画ニュース
浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)が映画初主演、白石聖がヒロインを演じる『胸が鳴るのは君のせい』から予告編が解禁。さらに「美 少年/ジャニーズJr.」の楽曲「虹の中で」が主題歌に決定した。

>>『胸が鳴るのは君のせい』あらすじ&キャストはこちらから

親友の有馬隼人が自分にだけ見せる優しさに惹かれ、恋をした篠原つかさ。友達にも両思いだと背中を押され、思い切って告白するも返事は「ごめん」。つかさは有馬の答えにショックを受けながらも、友達としていままで通り有馬と接しようとする。

でも、その後も変わらない有馬の優しさや笑顔に触れるたび、「友達でいよう」とする思いに反して、「好き」な気持ちは加速していく…。

本映像では、「気づけば、あたしはずっと君を目で追っていた」という、有馬に恋するつかさの言葉からスタート。有馬に振られ、友達として接することに決めたつかさだが、片思いをやめようと思えば思うほどに大きくなっていく思いに、あきらめずに有馬を好きでいつづけることを決意。そんな真っ直ぐなつかさと共に過ごすうちに有馬の気持ちにも少しずつ変化が現れはじめるが、そんな2人の前に恋のライバルが登場。


一度は振ったつかさに対して思わせぶりな態度をとる有馬に「卑怯だね」と告げる長谷部(板垣瑞生)、「恋愛する資格なんかない」と語る有馬の過去を知る元カノ・麻友(原菜乃華)。麻友が「隼人くんは必ず私のところに戻ってくる」と断言する理由、有馬に隠された秘密とは…?

『胸が鳴るのは君のせい』 (C) 2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
そして、「俺のこと好きになってよ」と切なく願う長谷部の思いはつかさに届くのか。映像の後半には、震える有馬の手を握るつかさの姿や、真剣な眼差しでつかさの肩を掴む有馬、つかさが涙を流すシーンも切り取られ、切なくすれ違う4人の思いがありありと描き出されている。すれ違いながらもお互いを思い合う、もどかしい2人の距離に胸が鳴りやまなくなりそう。

また、本作主題歌は「美 少年/ジャニーズJr.」の「虹の中で」に決定。「ジャニーズJr.」としては異例の抜擢となった。

『胸が鳴るのは君のせい』 (C) 2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
爽やかで前向きな楽曲が、有馬とつかさのもどかしくもピュアで眩しい青春ラブストーリーを、より鮮やかに、キラキラと彩る。「美 少年」として映画の主題歌もつとめる浮所さんは、「まさに『胸きみ』にピッタリな、爽やかで、辛いことがあっても頑張れるような、フレッシュになれる曲だと思います」と語り、「映画の主題歌を歌えるということは本当にすごいことだと思うので、レコーディングにもかなりこだわって臨みました。是非劇場で聴いていただきたいです!」と、意気込みに満ちたコメントを寄せている。

『胸が鳴るのは君のせい』は6月4日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top