松山ケンイチ×東出昌大、友情と信頼が凝縮『BLUE/ブルー』本編映像

『BLUE/ブルー』より松山ケンイチ演じる主人公と東出昌大演じる後輩が一緒にシャドーボクシングをするシーンが到着した。

映画 邦画ニュース
『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
リアリティ溢れる描写で人間の光と影を表現し続ける吉田恵輔監督が、30年以上続けてきたボクシングを題材に自ら脚本を書き上げた青春映画『BLUE/ブルー』。この度、松山ケンイチ演じる主人公と東出昌大演じる後輩が一緒にシャドーボクシングをするシーンを切り取った映像が到着した。

>>『BLUE/ブルー』あらすじ&キャストはこちらから

松山さん演じる瓜田は、情熱はあっても才能が無い、試合には勝てない主人公。一方で、東出さん演じる小川は、強さと才能を合わせ持つ後輩だ。チャンピオン決定戦を目前に控える小川の元を訪れ、一緒に対戦相手に勝つための策を練るこのシーンは、2人の絆を感じさせる。

『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
また、過去の試合映像を見つつ話し込む中、唐突に小川は「この試合勝ったら千佳と結婚しようと思います」と言い、瓜田は初恋の人・千佳との結婚を宣言され、戸惑いを隠しきれない様子も。


そんなボクサーと関西弁を喋る役柄は、観る者への説得面を考えると、これまで積極的に挑んでこなかったという松山さんだが、彼の背中を押したのが東出さん。2人は同時期に本作のオファーを受け、出演を迷う松山さんに「一緒にやりたいです」と東出さんが声をかけたという。

『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
松山さんはそのときのことについて「東出くんみたいに言ってくれる役者も中々いないですし、やってみようかなという気持ちになりました。そういうきっかけが無かったら手を出さない題材でしたね」とふり返っている。瓜田と小川の爽やかな関係性は、演じた松山さんと東出さんの繋がりにもどこか似ているようだ。

『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
『BLUE/ブルー』は4月9日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

※吉田恵輔の「吉」は「つちよし」が正式表記
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top