松山ケンイチ、リングの上でダウン…『BLUE』負けっぱなしボクサーの魅力語る

松山ケンイチ主演『BLUE/ブルー』で、“負けっぱなしボクサー”を演じた松山さんからコメントと新場面写真が到着。

映画 邦画ニュース
『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
松山ケンイチを主演に迎え、吉田恵輔監督が30年以上続けてきたボクシングを題材に自ら脚本を書き上げた青春映画『BLUE/ブルー』。成功が約束されていなくとも努力を尽くす挑戦者たちの生き様を描いた本作で、“負けっぱなしボクサー”を演じた松山さんからコメントが到着した。

>>『BLUE/ブルー』あらすじ&キャストはこちらから

今作で初めてボクサー役に挑戦した松山さんだが、演じたのはどれだけ情熱があっても、誰より努力しても、負け続きのトレーナー兼選手。ジムの後輩たちにも「基本はできていても弱い」「(挑戦者を象徴する)“ブルーコーナー”がお似合いだ」と軽んじられている。

それでも、昼間はトレーナーとして後輩たちやダイエット目的で通う女性たちに丁寧に指導をし、夜は自身の練習に励むひたむきで誠実な人柄の持ち主。

『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
そんな瓜田について松山さんは、「瓜田は自分の培ってきたもの全てを他人に何の躊躇もなく差し出すことができる人です。もちろん後輩の小川(東出昌大)や他のボクサーに対して妬みや嫉妬といった気持ちがないわけではない。それでも、周りの人を優しく支えることができるんです。負け続けているからこそ得られるものもあるし、勝ち負けだけで人生の幸不幸って決まらないと思います。負けっぱなしの瓜田を見て感じること、気づくことがあるはずです」とキャラクターの魅力を語る。

『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
また、今作で瓜田という役柄と向き合うにあたって、「小川や楢崎(柄本時生)たちを受け止めて、何かを渡していくのが瓜田という人物。劇中で瓜田が小川や楢崎をサポートしているのと同じで、東出くんや時生くんを支えればいいんだと思いました。だから、2人とはできるだけ長い時間を過ごして、ちゃんとミットで受け止められるようにと現場では意識していました」と共演者との関わり方においても共通点を見出していた。

松山さんが語るように、本作では言葉を超えた瓜田、小川、楢崎3人の熱い関係も見どころの1つ。3人は松山さんの主演映画『聖の青春』以来5年ぶりの共演を果たしている。

『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
併せて届いた新場面写真では、松山さんが演じるボクサー・瓜田の試合シーンを初解禁。対戦相手のパンチを受け、リングの上で派手に倒れこむ瞬間が鮮烈に切り取られている。

『BLUE/ブルー』は4月9日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top