玉木宏 VS 広末涼子の緊迫シーンに視聴者「2話でここまで」「いきなりクライマックス」…「桜の塔」2話

玉木宏主演のテレビ朝日系木曜ドラマ「桜の塔」の2話が4月22日放送。今回も権力を手に入れるために事件を利用した漣。そんな漣に銃を突きつける爽。2人の緊迫したやり取りに「いきなりクライマックス感」「2話でここまで」などの反応が上がっている。

最新ニュース スクープ
「桜の塔」第2話(C)テレビ朝日
  • 「桜の塔」第2話(C)テレビ朝日
  • 「桜の塔」第2話(C)テレビ朝日
  • 「桜の塔」第2話(C)テレビ朝日
玉木宏主演のテレビ朝日系木曜ドラマ「桜の塔」の2話が4月22日放送。今回も権力を手に入れるために事件を利用した漣。そんな漣に銃を突きつける爽。2人の緊迫したやり取りに「いきなりクライマックス感」「2話でここまで」などの反応が上がっている。

警視庁を舞台に、その頂点=警視総監の座を巡って激しい出世バトルを描いていく、野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマとなる本作。前回放送された1話でみせた玉木さん演じる主人公が“自作自演”で自らの手柄をねつ造する様は大きな反響を呼び起こした。

ずば抜けたプロファイリング能力を武器に、野望の階段を駆け上がっていく上條漣を玉木さんが演じるほか、漣の幼なじみで警視庁捜査一課の水樹爽を広末涼子が、嫉妬心と独占欲が強く、漣の魅力に取りつかれていく警視庁刑事部長の娘、千堂優愛に仲里依紗。

権力の頂点を狙う「東大派」警務部長・吉永晴樹に光石研。「薩摩派」警備部長・権藤秀夫に吉田鋼太郎。「外様派」刑事部長の千堂大善に椎名桔平。警視総監・荒牧雄彦に段田安則。キャリア組の刑事・富樫遊馬に岡田健史。漣の情報屋で元刑事の刈谷銀次郎に橋本じゅん。漣の同期で警備部所属の新垣広海に馬場徹。警務部所属の馳道忠に渡辺大知。銀座の高級クラブのママ・小宮志歩に高岡早紀といったキャスト。

「桜の塔」第2話(C)テレビ朝日
※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
2話では漣が新垣、馳と共に警視正への昇進候補者にも選ばれるも、不利な状況を打開するため、自分が担当している連続通り魔事件を利用しようとする。1日おきに女性たちが矢で襲われるがすべて威嚇で実際の被害者がゼロ…という通り魔事件だが、動画サイトで芸人・Mr.予言者(渡部豪太)が、犯行を正確に予期し現場を動画に投稿したことで、世間の注目度が急上昇していた。実は今回も漣がMr.予言者に次の犯行について予め教えていた…というストーリーが展開。

「桜の塔」第2話(C)テレビ朝日
蒲生(森崎ウィン)から自分に銀行強盗を持ち掛けた電話の相手とそっくりな声を警察で聴いたと聞かされた爽は、それが漣だと確信。彼に銃を突きつけ真実を語るよう迫る。2人の緊迫感溢れるやり取りに「え?これもういきなりクライマックス感」「2話でここまで話をもっていくのか?広末にばらしてええんか?」などの反応が寄せられる。

さらに、なぜそこまでして警察のトップに立ちたいのか問われた漣は、父から自ら命を絶つ前「警察に殺される」と言われたことと、トップに立つことで警察の膿を出そうと決めたことを明かす。漣が“悪に手を染めた”理由を知った視聴者からは「父に何が起こり誰が復讐の相手か分かった故の変貌か。狙いはあの3人かも。」「漣がとこまで手段問わないやり方でのし上がるのか、精神的に耐えられるのか見守っていきたい」といった反応も上がっている。
《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top