吉田羊と國村隼“親子”が感じる寂しさに共感の声…「生きるとか死ぬとか父親とか」4話

吉田羊と國村隼が親子役で共演、ジェーン・スーのリアルストーリーをドラマ化した「生きるとか死ぬとか父親とか」の4話が4月29日オンエア。変わっていく銀座の街に寂しさを覚えるトキコと哲也に共感する声が続出している。

最新ニュース スクープ
「生きるとか死ぬとか父親とか」第4話(c)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
  • 「生きるとか死ぬとか父親とか」第4話(c)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
  • 「生きるとか死ぬとか父親とか」第4話(c)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
  • 「生きるとか死ぬとか父親とか」第4話(c)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
  • 「生きるとか死ぬとか父親とか」第4話(c)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
  • 「生きるとか死ぬとか父親とか」第4話(c)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
  • 「生きるとか死ぬとか父親とか」第4話(c)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
吉田羊と國村隼が親子役で共演、ジェーン・スーのリアルストーリーをドラマ化した「生きるとか死ぬとか父親とか」の4話が4月29日オンエア。変わっていく銀座の街に寂しさを覚えるトキコと哲也に共感する声が続出している。

ラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家と多彩な顔で知られるジェーン・スーさん自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリーを、山戸結希が監督、シリーズ構成を担当して映像化。20年前母を亡くし、ギクシャクした関係だった父・哲也とも、最近は時々外食しながら話をする仲になっている蒲原トキコに吉田さん。昔は破天荒な人生を歩んでいたが最近は丸くなった、自由奔放で愛嬌のある父・哲也を國村さんがそれぞれ演じている本作。

「生きるとか死ぬとか父親とか」第4話(c)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
吉田さん、國村さんのほか、トキコの相方としてラジオ番組「トッキーとヒトトキ」を進行するアナウンサーの東七海に田中みな実。20代の頃のトキコには松岡茉優。回想で登場するトキコの母に富田靖子。そのほか岩井勇気(ハライチ)らも出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
「生きるとか死ぬとか父親とか」第4話(c)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
今回の4話ではトキコが銀座のタウン誌「銀座百点」にエッセイを執筆。掲載されている銀座百点を探すため哲也と2人で銀座を訪れるが、銀座はすっかり様変わりしていた。色々な店に銀座百点を置いていないか聞いてまわるが、なかなか見つからない。“自分たちが知っている銀座”ではもはやなくなった街を歩きながら、哲也が服を買っていた店を訪ねると、店の上客とおぼしき身なりのいい老夫婦と孫が現れる。哲也の相手を切り上げすぐさま老夫婦の元に向かう店員。

「生きるとか死ぬとか父親とか」第4話(c)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
豊かな暮らしをしているであろう老夫婦と孫を見ながらトキコは、自分に結婚して子どもがいたらあの孫ぐらいの年齢になっていただろうか、母が生きていたらあんなふうに素敵に年齢を重ねていただろうか、父の商売が失敗せずに上手くいっていたら豊かな暮らしを続けていただろうか。もしも…と想いを巡らせる。

その後、銀座百点を見つけた2人は食事をして帰路に。変わっていく銀座の街に哲也は「銀座がどんどん薄くなるな」とつぶやく…というラストだった。

「同世代(30代~40代)の人に薦めたい。私はこの回の終盤、泣きました」「知ってる街の風景が変わったりとかやっぱりショックなのはショックかな」「東京の変化そのものを楽しもうと他人には言えても、自分事だとやっぱり寂しいね」など、街から思い出の場所が消えていく寂しさに共感する声が上がるとともに「この年になってこういうの観ると、じんわりくるなぁ 街の移り変わりに両親の歩んできた軌跡に、父と娘の関係に。自分と重なりまくっちゃう」と、自らの境遇を重ねる声も。

一方「この服で銀座のこの店には入れないとか、店員からのあしらいを感じてしまうとか、そういうのって自信に満ち溢れてるように見える都会の人でも感じる事があるんだ!」と、銀座に対しトキコが抱くある種の“コンプレックス”に驚いたという反応も上がっている。
《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top