バカリズムに「セリフ運びが最高」などの声、「素敵な選TAXI」を連想した視聴者も…「イチケイのカラス」6話

竹野内豊主演、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎ら共演の「イチケイのカラス」の6話が5月10日放送。犯人役で出演したバカリズムと竹野内さんとの共演に「素敵な選TAXI」を連想する視聴者や、バカリズムさんの演技を讃えるコメントが多数寄せられている。

最新ニュース スクープ
「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
  • 「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
  • 「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
  • 「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
  • 「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
  • 「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
  • 「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
  • 「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
  • 「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
竹野内豊主演、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎ら共演の「イチケイのカラス」の6話が5月10日放送。犯人役で出演したバカリズムと竹野内さんとの共演に「素敵な選TAXI」を連想する視聴者や、バカリズムさんの演技を讃えるコメントが多数寄せられている。

本作は絶対に冤罪を生むことのないよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官、入間みちおに竹野内さんが扮し、みちおが裁判官を務める東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)の面々や検察官たちが、みちおに振り回されながらも、最後には真実にたどり着いていく様を描いていく。

「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
竹野内さんのほか、イチケイメンバーの坂間千鶴に黒木華、石倉文太に新田真剣佑、川添博司に中村梅雀、浜谷澪に桜井ユキ、一ノ瀬糸子に水谷果穂、駒沢義男に小日向文世。イチケイと裁判で争う東京地検第3支部中堅検事・井出伊織に山崎育三郎、主任検事・城島怜治に升毅。最高裁判所判事・日高亜紀に草刈民代といったキャストが出演。

「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
みちおは裁判官になるきっかけとなった12年前の事件の関係者、志摩総一郎(羽場裕一)が被害者となった事件を担当することになる。前科6犯の窃盗犯・岸田(バカリズムさん)が会計事務所所長の志摩の自宅から現金113万円を盗んだという事件だが、岸田は犯行後、盗んだ自転車で逃走を図る途中で自転車同士の衝突事故を起こし、顔を見られたため自首していた。

「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
公判で岸田は泥棒は魅力的、どんな金庫も開けられる優れた耳を持つ自分が個性を生かすため努力している、人は傷つけないと力説するが、みちおは逃走時の供述や自首してきたことなどが気になる。実は岸田が盗んだのは113万円ではなく2億円。金庫の現金が表に出来ない金だと気づき盗んだ岸田だが、その後検察官に1000万で買収されていた。…というのが今回のあらすじ。

竹野内さんとバカリズムさんの共演に「素敵な選TAXIだあ」「竹野内さんとバカリズムさんと升さんがいるからこれは「素敵な選TAXI」(違う)」など、両者が共演した「素敵な選TAXI」を思い出す視聴者からの声が続々とSNSに投稿される。

「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
また「バカリズムさん演じる岸田の口調に「理詰めな役、バカリズムにピッタリ」「この役めちゃくちゃハマってる!!バカリズムが演じると分かってこの脚本なのかな」「バカリズム氏のセリフ運びが最高すぎ」といった反応も。

また次長検事からイチケイへの協力を禁じられた城島と井出が、イチケイたちがそばを食べているところに現れ、わざと聞こえるように大声で情報を漏らすという“小芝居”にも「検察側の下手な小芝居笑が最高にかわいい」「検察組の小芝居可愛いwww」といった反応が寄せられている。

「イチケイのカラス」第6話(C)フジテレビ
《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top