「葛藤しているキャラクター」描く『アーミー・オブ・ザ・デッド』は人間ドラマにも注目

Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』は、「“ゾンビ映画”というジャンルを超越したい」というスナイダー監督の思いから、ゾンビと戦う傭兵たちの内面を丁寧に描いた人間ドラマの要素も込められている。

映画 洋画ニュース
Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』5月21日(金)より独占配信開始
  • Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』5月21日(金)より独占配信開始
  • Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』5月21日(金)より独占配信開始
  • Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』2021年独占配信予定
  • Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』5月21日(金)より独占配信開始
ザック・スナイダー監督・脚本・製作によるNetflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』が5月21日(金)より独占配信開始。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のデイヴ・バウティスタや、ハリウッドで活躍する真田広之らが出演する本作は過激ゾンビアクションが展開される一方で、「“ゾンビ映画”というジャンルを超越したい」というスナイダー監督の思いから、実はゾンビと戦う傭兵たちの内面を丁寧に描いた人間ドラマの要素も込められていることが明らかになった。

>>『アーミー・オブ・ザ・デッド』あらすじ&キャストはこちらから

クセ者ぞろいの傭兵集団vs大量の進化型ゾンビ軍団の対決が、超絶アクションてんこ盛りでド派手に描かれる本作。スナイダー監督が「“人間ドラマ”というジャンルを細かく観察したから、“ゾンビ映画はちょっとなぁ...”という人も含め楽しんでくれると思います。ゾンビ映画だけど、ゾンビ映画を超えた、超越的な作品を目指したんです」と解説するように、傭兵たちがゾンビと戦う上で抱える決意や葛藤、迷いを生々しく描き出している。

Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』2021年独占配信予定ザック・スナイダー監督
デイヴ演じる主人公の傭兵スコットについて、スナイダー監督は、「娘との関係を修復しようとしながら、傭兵集団のリーダーを務め、作戦を遂行しなければならないプレッシャーも抱えており、葛藤しているキャラクターとして生み出しました」と、複雑な心情が描かれていることを解説。

スコットは、とある衝撃的事件をきっかけに娘ケイトとの確執を抱えているが、ひょんなことからケイトもゾンビとの対決に同行することになり、戦いに挑みながらも娘のことが気にかかって仕方がない。そこには屈強で戦闘に長けた傭兵ではなく、娘との接し方に悩むごく普通の父親の姿もまた映し出されている。

Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』5月21日(金)より独占配信開始
さらに、スコット以外の傭兵たちの思いも細やかに表現されている。スコットの相棒クルス役について、演じたアナ・デ・ラ・レゲラは、「彼女はゾンビと一度戦う経験をした後、毎日を幸せに過ごしていました。一方で、仲間と一緒に戦うことの興奮を恋しくも思っているんです」と語る。

Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』5月21日(金)より独占配信開始
続いて傭兵ヴァンデルローエについて、演じたオマリ・ハードウィックは、「彼は元々生まれながらの戦士でしたが、ゾンビと戦う中で、かつてはゾンビも人間だったことを思い出すのです」とコメント。

ノラ・アルネゼデールは演じた傭兵リリーについて、「彼女は悪党ではないですが、英雄でもない。ただこの世界で生き残ろうともがき、誰かを助けたいと願う、ごく普通の人として演じました」と語り、傭兵マリアンヌ役を演じたティグ・ノタロは「彼女は、“こんな人生やってられない。他にやることもないから作戦に参加しよう“という心情なんです」と、それぞれが明かすように、傭兵たちはそれぞれ異なる思いを抱きながら、進化型ゾンビ軍団との熾烈な戦いに身を投じていくことが分かる。

Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』は5月21日(金)より独占配信開始。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top