エマ・ストーン、『クルエラ』プレミアに笑顔「1年半ぶりにドレスアップした」

ディズニーがエマ・ストーンを主演に贈る実写映画『クルエラ』のワールドプレミアが“リアル”で開催された。

最新ニュース レポート
ディズニーがエマ・ストーンを主演に贈る実写映画『クルエラ』。世界中が公開を待ち望む中、現地時間5月18日(日本時間5月19日)、アメリカ・ロサンゼルスにてワールドプレミアが開催され、クルエラ役のエマ・ストーン、監督のクレイグ・ギレスピー、クルエラを追うジャーナリストでかつてエステラの学友でもあったアニータ役のカービー・ハウエル=バプティストが参加した。

>>『クルエラ』あらすじ&キャストはこちらから

会場となったエル・キャピタン・シアターでは、クルエラには欠かせない“赤”のレッドカーペットが敷き詰められ、パンキッシュでカラフルなイラストや、エマが劇中で着た数々の豪華な衣装など、映画の世界をそのまま会場に表したような豪華なステージがお披露目。真っ黒なパンツスーツ姿でロックに決めたエマが登場すると、会場に駆けつけた大勢のメディアの熱気は一気に上昇。オンラインでファンと交流するイベントも開催され、離れていながらも観客との交流を楽しむキャスト陣の陽気な姿が見られた。

『クルエラ』ワールドプレミア(C) 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.エマ・ストーン&カービー・ハウエル=バプティスト
ディズニー史上最も悪名高きヴィラン・クルエラの誕生秘話を描いた本作は、パンク・ムーブメントが吹き荒れる70年代ロンドンを舞台に、パンクロックで過激な作風に大きな注目が注がれている。公開を前にエマは「とても興奮しています。(イベントを開催できることは)かなり非現実的ですね。だって、1年半ぶりにドレスアップしたから。でも、この映画を届けることができて嬉しいです」と、久しぶりにリアルなイベントを開催できた喜びを満面の笑みで語った。

『クルエラ』ワールドプレミア(C) 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
そして彼女が演じるクルエラについては、「クルエラ・ド・ビルはとっても邪悪なキャラクターです、たぶんディズニーの中で一番ですね(笑)」と、長年愛されてきたディズニーヴィランの魅力をコメント。本作については「この作品は映画館で見るために作られています。だから劇場で見てくれるのが楽しみ。衣装、ヘアメイク、音響、音楽、撮影まで全てね」と力説し、続けて「映画は、オリジナルストーリーで、とても楽しくて、テンポが良い。私たちは大変な時間を過ごしたから、何か面白いものを探しているなら、2時間だけ世界を忘れて、70年代ロンドンの世界観と、クルエラたちが企む泥棒とペテンに浸かって欲しいです。まさにぴったりですよ」と太鼓判。

『クルエラ』ワールドプレミア(C) 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
劇中には、観客の心を刺激する70年代のパンクロックが鳴り響き、アカデミー賞受賞歴を持つコスチューム・デザイナーのジェニー・ビーヴァンが手掛けた衣装や、少女エステラからクルエラへと変わる中で彼女が魅せる波乱万丈のストーリーと、多くの魅力が詰め込まれている。かつて見たことのない世界観を描く本作は、いままでのディズニー作品とは一線を画す特別な作品となりそうだ。

『クルエラ』ワールドプレミア(C) 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『クルエラ』は5月27日(木)より映画館&5月28日(金)よりディズニープラス プレミア アクセスにて公開。
※プレミアアクセスは追加支払いが必要
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top