シャネルの人生と当時のフランス文化が垣間見える『ココ・シャネル』予告

ココ・シャネル没後50年、女性のための永遠の香り「No.5」誕生100年を記念して公開される、ココ・シャネルの最新ドキュメンタリー『ココ・シャネル 時代と闘った女』から、予告編が解禁となった。

映画 洋画ニュース
ココ・シャネル没後50年、女性のための永遠の香り「No.5」誕生100年を記念して公開される、ココ・シャネルの最新ドキュメンタリー『ココ・シャネル 時代と闘った女』から、予告編が解禁となった。

>>『ココ・シャネル 時代と闘った女』あらすじ&キャストはこちら

今回解禁されたのは、ココ・シャネルの人生と、当時のフランス文化が垣間見える貴重な映像と共に、ランベール・ウィルソンの語りで紹介する予告編。

映像は生み出した数々のモードを紹介するところから始まり、「あの英国女は誰だと皆が騒いだ」と自身が耳にしたシャネルの噂を語るフランスの芸術家ジャン・コクトーの姿も。

また、チャーチル、エドワード8世、ウェストミンスター公と次々と恋人を変え、ピカソ、ストラヴィンスキー、ディアギレフ、コクトーなど芸術家を支え、彼女の周囲には時代を代表する一流の人々がいたことを伝える。

それから映像は一変し、ナチスからパリが解放された1944年、シャネルは全てを捨て突然スイスに向かう。近年明らかになった衝撃の事実と共に、ロミー・シュナイダー、ジャクリーン・ケネディなど著名人が愛したシャネル・スーツで衝撃の復活を遂げるまで、類まれなセンスで時代を読み、生き抜いた彼女の人生を辿る。


最後は「シャネルとは誰だったのか? そして何と闘ったのか?」というコピーで締めくくられ、昨今の困難な時代を強く生き抜くヒントを与えてくれる、そんな本編を予感させる予告編になってる。

『ココ・シャネル 時代と闘った女』は7月23日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top