池松壮亮&チェ・ヒソ&オダギリジョー、どん底に落ちた2つの家族が歩む先は…?『アジアの天使』予告編

池松壮亮とオダギリジョー、韓国のチェ・ヒソやキム・ミンジェらを迎えた石井裕也監督作『アジアの天使』から、オール韓国ロケの予告編が解禁。

映画 邦画ニュース
『アジアの天使』(c) 2021 The Asian Angel Film Partners
  • 『アジアの天使』(c) 2021 The Asian Angel Film Partners
  • 『アジアの天使』 (c) 2021 The Asian Angel Film Partners
  • 『アジアの天使』(c) 2021 The Asian Angel Film Partners
  • 『アジアの天使』(c) 2021 The Asian Angel Film Partners
  • 『アジアの天使』(c) 2021 The Asian Angel Film Partners
  • メインビジュアルA『アジアの天使』(C)2021 The Asian Angel Film Partners
  • メインビジュアルB『アジアの天使』(C)2021 The Asian Angel Film Partners
  • メインビジュアルC『アジアの天使』(C)2021 The Asian Angel Film Partners
池松壮亮とオダギリジョー、韓国のチェ・ヒソやキム・ミンジェらを迎えた石井裕也監督の最新作『アジアの天使』。オール韓国ロケで挑んだ本作から、2つの家族をとらえた予告編が解禁となった。

>>『アジアの天使』あらすじ&キャストはこちらから

予告編には、心機一転、一人息子を連れて決死の覚悟で韓国にやってきた剛(池松壮亮)を「シャレだろ」と一笑に付しながら迎える兄(オダギリジョー)という、ぎくしゃくした兄弟のやりとりから始まる。

韓国語も話せず新天地での生活を不安に思っている剛に、兄は「この国で必要な言葉は『メクチュ・チュセヨ』(ビール下さい)と『サランヘヨ』(愛してる)」と説く。そして、あるとき剛は、一人で泣き伏せている韓国の歌手ソル(チェ・ヒソ)と出会い、日本語で励ますが、その善意は伝わらない…。


映像には、本作で本格的な共演を果たす、池松さんとオダギリさんのコミカルなやりとりが収められているほか、「異国の地で、不思議な旅が始まる」という言葉と共に、偶然の出会いをきっかけに、心に傷を負った日本と韓国の2つの家族が旅に出て、道中起こる様々な出来事を共に体験し、時には悪化した日韓関係についての話をしながらもビールを飲みかわし、同じ食卓を囲む1つの家族のような姿が映し出される。

そして、「この広い世界、どんな天使がいてもいい」という言葉と共に、剛とソルが「見た」という摩訶不思議な“天使”の姿もしっかりと映し出されているが…。

メインビジュアルA『アジアの天使』(C)2021 The Asian Angel Film Partners

劇中に登場する、ヘンテコな天使とは!?


剛とソルが出会ったことのある“天使”は、東洋のおじさんのような姿で、人の肩を噛むという、一風変わった天使だった。石井監督は、自身が手掛けた、オダギリさん主演のTVドラマ「おかしの家」(2015年10月/TBS系)でも使用していた“人を噛む天使”というキャラクターを本作の2つの家族をつなぐ要素として登場させている。天使は一般的に西洋の美しい少年のようなイメージになりがちだが、この“ヘンテコな天使”は「天使というのはこうあるべきだ」という、誰かが勝手に決めた価値観や固定観念にとらわれなくてもいいという作品全体のメタファーにもなっているという。

『アジアの天使』は7月2日(金)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top