金ロー初登場の『グーニーズ』、製作陣&キャスト&吹替も“レジェンド”揃いだった!

視聴者からのリクエストにより金曜ロードショーでは初めて、ゴールデンタイムでの放送は28年ぶり80年代の傑作アドベンチャームービー『グーニーズ』。本作には制作陣、キャスト陣から吹き替えキャスト陣まで、“レジェンド”級が勢揃いしている。

映画 洋画ニュース
『グーニーズ』(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『グーニーズ』(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『グーニーズ』(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『グーニーズ』(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『グーニーズ』(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『グーニーズ』(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
6月11日の「金曜ロードショー」は、視聴者からのリクエストにより、80年代の傑作アドベンチャームービー『グーニーズ』を放送。日本公開は1985年12月。(一社)日本映画製作者連盟の記録では86年の年間ランキングにカウントされており、1位:『子猫物語』、2位:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、3位『ロッキー4 炎の友情』に続く4位の配給収入(19.5億円)を記録している大ヒット作。

今回、実はゴールデンタイムでの放送は28年ぶり、金曜ロードショーでは初めての放送となる本作には、製作陣、キャスト陣から吹き替えキャスト陣まで、“レジェンド”級が勢揃いしている。

◆伝説その1)原案&製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ


『グーニーズ』(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
本作の製作総指揮は、脚本にも原案として携わった史上最高のヒットメーカーの一人、スティーヴン・スピルバーグ。

1971年『激突!』で注目され、『ジョーズ』(75)、『未知との遭遇』(77)で一躍人気監督に。その勢いのままに80年代は、『E.T.』(82)や『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(81)『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(84)や『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(89)の「インディ・ジョーンズ」シリーズなどで大ヒットを連発。

『グレムリン』(84)や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』には製作総指揮として関わるなど、誰もが知る名作ばかり。この後、90年代も『ジュラシック・パーク』(93)の驚異の映像で世界中を驚かせる一方で、『シンドラーのリスト』(93)、『プライベート・ライアン』(98)でアカデミー賞監督賞を受賞。最近作『レディ・プレイヤー1』まで、ヒット作を多数生み出し続けてきた。

◆伝説その2)脚本のクリス・コロンバスは後に『ホーム・アローン』『ハリポタ』を監督


『グーニーズ』(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
“レジェンド監督”スピルバーグの目に留まり、『グレムリン』(84)、本作『グーニーズ』(85)の脚本に抜擢されたクリス・コロンバス。その後、監督として『ホーム・アローン』(90)『ミセス・ダウト』(93)、さらに『ハリー・ポッターと賢者の石』(01)『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(02)など、大ヒットを連発してきたが、まさに本作はその原点といえそう。

本作に登場するブービートラップの“カラクリ”や悪役たちのドジっぷりは、『ホーム・アローン』が思い出される。ちなみに、チャックが警察に電話するシーンでは『グレムリン』を思わせるセリフも登場するので要チェック。

◆伝説その3)監督のリチャード・ドナー/世界的ヒーロー映画を手掛けた


監督を務めたリチャード・ドナーも、1976年『オーメン』、1978年『スーパーマン』などを手掛けた当時大人気のヒットメーカー。『グーニーズ』の後も、『リーサル・ウェポン』シリーズ(87~)を大ヒットさせている。最近では『X-MEN』や『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の製作総指揮を務めている。

◆伝説その4)若き俳優たちが熱演!当時10代だった彼らのその後は…?


『グーニーズ』(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
●マイキー役:ショーン・アスティン
主人公マイキー役のショーン・アスティンは、当時14歳で本作が映画デビュー作。2001年から『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで、主人公フロドの従者・サムを好演。Netflixの世界的大ヒットシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」にも出演した。

●ブランド役:ジョシュ・ブローリン
マイキーの兄・ブランド役のジョシュ・ブローリンは、当時17歳。本作で映画デビューを果たした後もキャリアを重ね、2008年には『ミルク』でアカデミー賞助演男優賞にもノミネート。最近では『アベンジャーズ』シリーズで最強の敵・サノスを演じたことが記憶に新しい。

●マウス役:コリー・フェルドマン
ちょっと生意気なマウス役のコリー・フェルドマンは、『グーニーズ』の直前に『グレムリン』『13日の金曜日-完結篇』(84)にも出演しており、当時(13歳)から人気子役でした。さらに先々週放送した『スタンド・バイ・ミー』(86)では眼鏡のテディ役を好演した。

そなみに、チャンク役のジェフ・コーエン(当時10歳)は、その後、弁護士になっている。

◆伝説その5)キテレツ、アムロ、悟空、メイ…吹き替え声優陣はまさにレジェンド!


『グーニーズ』(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
今回の吹き替えは、以前のテレビ放送版で放送。そのメンバーは日本の声優界のレジェンドが揃っている。

●マイキー役:藤田淑子
代表作は「一休さん」(一休さん)、「キテレツ大百科」(キテレツ)、「キャッツ・アイ」(来生泪)、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険(1991年版)」(ダイ)、「地獄先生ぬ~べ~」(ヒロシ)、「デジモンアドベンチャー」(八神太一)など。2018年に逝去。

●ブランド役:古谷徹
「機動戦士ガンダム」のアムロ・レイ、そして「名探偵コナン」の安室透役で有名。そのほか「巨人の星」(星飛雄馬)、「聖闘士星矢」(ペガサス星矢)、「ドラゴンボール」(ヤムチャ)、「美少女戦士セーラームーン」(地場衛:タキシード仮面)など。

●チャンク役:坂本千夏
『となりのトトロ』のメイちゃんでお馴染み。「それいけ!アンパンマン」では、てんどんまんやちびぞうくんを担当。そのほかに「フクちゃん」(フクちゃん)、「キャッツ・アイ」(来生愛)、「平成天才バカボン」(ハジメちゃん)、「少年アシベ」(アシベ)など。

●マウス役:野沢雅子
「ドラゴンボール」孫悟空役で日本を代表する声優。そのほかに、「ゲゲゲの鬼太郎」(鬼太郎 第1、2期)、「いなかっぺ大将」(風大佐衛門)、「ど根性ガエル」(ひろし)、「ガンバの冒険」(ガンバ)、「銀河鉄道999」(星野鉄郎)、「怪物くん」(怪物太郎)、「釣りキチ三平」(三平三平)、「トム・ソーヤーの冒険」(トム・ソーヤー)など。

金曜ロードショー『グーニーズ』は21時~日本テレビ系にて放送。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top