デンマークの元料理人が北朝鮮に潜入…武器密輸を暴く『THE MOLE』公開決定

デンマークの元料理人が北朝鮮に潜入、約10年間にわたりスパイとして武器密輸の実態を記録したドキュメンタリー映画『THE MOLE(ザ・モール)』が、10月15日(金)より公開されることが決定。場面写真5点が解禁された。

映画 洋画ニュース
『THE MOLE』  (C)2020 Piraya Film I AS & Wingman Media ApS
  • 『THE MOLE』  (C)2020 Piraya Film I AS & Wingman Media ApS
  • 『THE MOLE』  (C)2020 Piraya Film I AS & Wingman Media ApS
  • 『THE MOLE』  (C)2020 Piraya Film I AS & Wingman Media ApS
  • 『THE MOLE』  (C)2020 Piraya Film I AS & Wingman Media ApS
  • 『THE MOLE』  (C)2020 Piraya Film I AS & Wingman Media ApS
デンマークの元料理人が北朝鮮に潜入、約10年間にわたりスパイとして武器密輸の実態を記録したドキュメンタリー映画『THE MOLE(ザ・モール)』が、10月15日(金)より公開されることが決定。場面写真5点が解禁された。

タイトルの「ザ・モール」は英語でモグラという意味で、そこからスパイをも意味する。本作は平凡なデンマークの一般市民が、CIAさえ容易に情報を掴めなかった北朝鮮の国際的な闇取引(武器密輸)のネットワークに潜り込み、その実態を赤裸々に暴いたドキュメンタリー。

元料理人のウルリクと架空の石油王に扮したミスター・ジェームズのコンビが、北朝鮮の関係者たちを巧みに欺きながら盗撮を重ね、想像を絶する闇取引の奥底へと踏み込んでいく様は正真正銘の“リアル”スパイ活動の記録。あらゆるフィクションを超えた命がけの潜入調査となっている。

『THE MOLE』  (C)2020 Piraya Film I AS & Wingman Media ApS
監督は、日本でも『誰がハマーショルドを殺したか』(19)で話題を呼んだマッツ・ブリュガー。映画デビュー作『ザ・レッド・チャペル』(09)で北朝鮮の怒りを買い、入国禁止となった因縁を持つ北欧の鬼才が、ウルリクらが撮影した映像素材にナレーションや撮り下ろしのインタビューシーンを新たに加え、全世界が騒然とするスパイ・ドキュメンタリーが完成した。

『THE MOLE』  (C)2020 Piraya Film I AS & Wingman Media ApS
なお、本作は2020年秋に英国BBCと北欧のテレビ局、さらに今年2月には「潜入10年 北朝鮮・武器ビジネスの闇」という題名でNHK-BSにて放送され、大きな反響を呼んだ。あまりにもショッキングな内容ゆえに「本当にドキュメンタリーなのか?」という声が各方面から上がったものの、専門家による映像の鑑定を行ったブリュガー監督は「100%ノンフィクション」と言明。すでに国連とEUも本作の告発に関心を示しており、今後新たな国際調査へと発展していく可能性もあるという。

本作はTV放送版に含まれなかった未公開シーンを追加した再編版の上映となる。

『THE MOLE』  (C)2020 Piraya Film I AS & Wingman Media ApS
『THE MOLE(ザ・モール)』は10月15日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top