母なる海と海を愛する9人の女性たち映し出す『シー・イズ・オーシャン』9月公開

海に関わる女性たちのドキュメンタリー『シー・イズ・オーシャン』の公開日が9月17日(金)に決定。併せて、メインビジュアルと場面写真が解禁された。

映画 洋画ニュース
海に関わる女性たちのドキュメンタリー『シー・イズ・オーシャン』の公開日が9月17日(金)に決定。併せて、メインビジュアルと場面写真が解禁された。

ハワイで活動するサメ保護活動家、フリーダイバー、オーシャン・ラムジー。ジェンダーを超えようと奮闘するプロサーファーであり、WSL「バレル・オブ・ザ・イヤー2016」のチャンピオン、ケアラ・ケネリー。米国初の女性主任科学者であるシルビア・アールほか、海洋生物学者、探検家、年齢、職業、国籍が異なる9人の女性への丁寧なインタビューを通し、海との関わりが彼女たちの人生をより豊かなものにしてくれる様子を美しい映像とともに描いていく。

彼女たちに共通するものは「海への深い愛」。様々なバックグラウンドを持つ女性たちと海との関係をテーマに、まるで母なる海そのもののような芯の強い女性たちの姿を映し出していく。本作は、「SDGs(持続可能な開発目標)」のひとつである「海の自然を守ろう」という目標を女性の視点から表現した作品とも言えるだろう。

本作の監督インナ・ブロヒナは、ドイツのドレスデン生まれの作家、監督、プロデューサー。2012年、ロシアではじめての長編サーフィンドキュメンタリーとなる、レジェンド・サーファー、ケリー・スレーター出演の初長編映画『オン・ザ・ウェーブ』を完成させ、世界中の映画祭から高い評価を受けた。

解禁されたメインビジュアルは、プロサーファー、ココ・ホーと、ダイバーのアンナ・バーダーをメインに、海の壮大さと雄大さを感じさせる瞬間をとらえたもの。母なる海の美しさと力強さ、女性のパワーとしなやかな魅力にあふれるドキュメンタリーが日本上陸を果たす。

『シー・イズ・オーシャン』は、9月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top