ティモシー・シャラメ主演『DUNE/デューン』日本版特報、“待ちきれない”コメントも到着

ティモシー・シャラメ主演×ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『DUNE/デューン 砂の惑星』日本公開日が10月15日(金)に決定、壮大な映画体験を予感させる日本版特報が解禁。

映画 洋画ニュース
『DUNE/デューン 砂の惑星』 (C) 2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
  • 『DUNE/デューン 砂の惑星』 (C) 2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
  • 『DUNE/デューン 砂の惑星』 (C) 2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
  • 『DUNE/デューン 砂の惑星』 (C) 2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
9月に開催されるヴェネチア国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門にて世界初上映されることも決定した、ティモシー・シャラメ主演×ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の映画『DUNE/デューン 砂の惑星』。その日本公開初日が10月15日(金)に決定、壮大な映画体験を予感させる日本版特報が解禁された。

>>『DUNE/デューン 砂の惑星』あらすじ&キャストはこちらから

砂に覆われた惑星“デューン”を舞台に、全宇宙の未来を託されたティモシー演じる主人公ポールの運命と、宇宙世界の混迷を軸にした壮大なドラマが展開される本作。

この度、解禁となった日本版特報では、惑星“デューン”を舞台に繰り広げられる、群雄入り乱れる激しい戦闘シーンやポールが正体不明の巨大なサンドワームに追われる姿など、壮大な世界観が収められている。

なぜ、ポールは全宇宙から命を狙われているのか? その狙われた能力とは? また彼の夢に登場する謎の美女との関係とは? 映像を締めくくる「覚悟はいいか?」というセリフからも読み取れるように、全宇宙の運命を託されたポールが“ひとりの戦士”として、覚醒し、立ち上がる姿に期待が高まり、世界観にも引き込まれる内容となっている。


主人公ポールを演じるのは、6月には大ヒット作『チャーリーとチョコレート工場』前日譚のウィリー・ウォンカ役に決定したことが発表され、さらに9月に開催されるファッション界最大の祭典「MET GALA」の共同ホストにビリー・アイリッシュや大坂なおみらと共に選出されるなど、Z世代を代表する次世代スターのティモシー・シャラメ。本作のヴィルヌーヴ監督も彼を「本物の映画スターで、狂気のカリスマ性がある」と大絶賛を贈っている。

さらに、『スパイダーマン』シリーズのゼンデイヤがポールの夢の中に登場する謎の美女チェイニーを演じるほか、『アクアマン』でお馴染みジェイソン・モモア、アカデミー賞俳優ハビエル・バルデム、“アベンジャーズ”の宿敵サノスを演じたジョシュ・ブローリンがポールを全力サポートする腹心を演じる。また、『スター・ウォーズ』続三部作ポー・ダメロン役のオスカー・アイザックと『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のレベッカ・ファーガソンがポールの両親役で登場するなど盤石な布陣となっている。

『DUNE/デューン 砂の惑星』 (C) 2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
ヴィルヌーヴ監督が「キャリア史上最も重要な作品」と断言し、いま最も世界から待望されるこの最新作は、主要スタッフ全員をオスカー常連で固め、映画史を変える、未来型シネマ・エクスペリエンスとして世界中から大注目。

様々な映像作品に影響を与え続けた作品の映画化だけに、樋口真嗣、山崎貴、神山健治、荒牧伸志、小島秀夫ら日本を代表するトップクリエイターから、早くも本作への期待の声が続々と到着している。

日本のトップクリエイターたちが本作に寄せたコメント(一部)

 
●樋口真嗣(映画監督)
はやく観たい!今すぐ観たい!観たい観たい観たい観たい!

●山崎貴(映画監督)
誰もが不可能だと思ったブレードランナーの続編を、美しい詩のような素晴らしい映画に仕上げたヴィルヌーヴ監督なら、デヴィッド・リンチの作り上げた旧作のあの世界を、越えてしまうのではないかと今からわくわくしています。

●神山健治(アニメ監督/脚本家/演出家)
『ブレードランナー 2049』のプレミア試写で会った時の自信に満ちた彼の笑顔…あれから4年、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の挑戦を勝手に我が事のように嘱目している。偉大な前作が存在しそもそも映像化不可能と言われた原作に、今最もSF映画を撮ることを期待されている彼がどのようにアプローチしたのか?楽しみでならない。

●荒牧伸志(アニメ監督/メカニックデザイナー)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ!奇をてらうようなショットがあるわけではないのに、骨太でじわじわくるSF映画を撮ってくれる、今、一番期待されている監督が、あのDUNEに取り組んでいる!と言うだけで、とにかく映画館に行って観るしかないですよね。それ以上言うこと無し。

●小島秀夫(ゲームクリエイター)
『DUNE/デューン 砂の惑星』は原作へのカルト的な人気がある一方で、映像化に関してはこれまで曰く付きだった。確かに敷居は高い。しかし、監督はドゥニ・ヴィルヌーヴだ。彼は、多くの人の心配や憂を超えて、誰も観たことがない新作DUNEをこの時代に放ってくれるはずだ。

『DUNE/デューン 砂の惑星』は10月15日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top