部屋にいながら新感覚の恐怖が襲う!新たな映像エンタメ「ROOOM」オンラインで発表

『リング』『スクリーム』『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』『ソウ』『戦慄迷宮3D』など、数々の先鋭的なホラー映画を世に送り出してきた映画配給会社アスミック・エースより、新感覚の恐怖を追求した全く新しい映像エンタメ作品「ROOOM」が登場。

映画 邦画ニュース
「ROOOM」(C)2021ROOOM/AA
  • 「ROOOM」(C)2021ROOOM/AA
『リング』『スクリーム』『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』『ソウ』『戦慄迷宮3D』など、数々の先鋭的なホラー映画を世に送り出してきた映画配給会社アスミック・エースより、新感覚の恐怖を追求した全く新しい映像エンタメ作品「ROOOM」が登場。PCやスマホから目にすることができる。

『ソウ』は【ソリッド・シチュエーション】という新たな恐怖を生み出し、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』は【フェイクドキュメンタリー】で恐怖と臨場感をかけ合わせ、『パラノーマル・アクティビティ』は【監視カメラ】が醸す気色悪さを突き詰め、『犬鳴村』では【実在の都市伝説】でフィクションと現実が融合した恐怖に挑んできた。

“ホラー”は常に人間の心理を巧みに操り、エンタメ表現の最先端を走り続けるための“発明”を生み出し続けている。それは全て、人間の本能に刻まれた“恐怖”を刺激し、最高の“エンターテインメント映像”を提供するため。

今回の「ROOOM」は、このコロナ禍、スクリーンではなく、部屋にいながらにしてPCやスマホでダイレクトに楽しめる新感覚ホラー。

舞台は、ありふれたマンションの一室。越してきた新婚夫婦。妻のお腹には新たな命が宿っている。住民は優しく、申し分のない新生活。唯一の不満は、夜中に上から響く怪音。「ドン、ドン、ドン」と床を叩くような音が上の階から聞こえる。しかし、上階の住人は心当たりがないという。この音をきっかけに、幸せな生活は音を立てて崩れ始める。この部屋が、変なのか? それとも――。

出演キャストはまだ不明!なぜタイトルの「0」は3つなのか?



いまのところ、全てが謎に包まれた本作。唯一分かることは、未だかつて経験したことのない恐怖が待ち受けているということ。解禁となった予告編とビジュアルには「この部屋、なにかが違う」「上から下に落ちる恐怖」「わたしからあなたへ」「恐怖が入ってくる」「デジタル心霊スポット」といった謎めきつつも不穏な言葉や要素が散りばめられたものとなっている。

「ROOOM」は7月29日(木)・30(金)・31(土)19時30分~/21時30分~PC&MOBILEにて公開。
チケット:¥2,500(税込)
必要機材:PC・スマホ両方/Wi-Fi 環境/LINE アカウント(QRコードの読み込み有り)
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top