韓国の参加者33人がシグナルソング披露「Girls Planet 999」ステージ映像初公開

日本、韓国、中国の少女たちが繰り広げるグローバルガールズグループデビュープロジェクト「Girls Planet 999:少女祭典」。この度、参加者99名の夢と希望を表現したシグナルソングが解禁。

最新ニュース スクープ
「GIRLS PLANET 999:少女祭典」(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
  • 「GIRLS PLANET 999:少女祭典」(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
  • 「GIRLS PLANET 999:少女祭典」(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
  • 「GIRLS PLANET 999:少女祭典」(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
  • 「GIRLS PLANET 999:少女祭典」(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
8月6日(金)よりABEMAにて国内独占無料放送される、日本、韓国、中国の少女たちが繰り広げるグローバルガールズグループデビュープロジェクト「Girls Planet 999:少女祭典」。この度、参加者99名の夢と希望を表現したシグナルソング「O.O.O(Over&Over&Over, オ.オ.オ)」が解禁、まずは韓国(K)グループの参加者33名によるシグナルソングステージの映像が初公開された。

応募総数1万3千名の中から日本、韓国、中国の3つの地域で行われたオーディションを通過した各地域33名、合計99名の参加が決定している本プロジェクト。今回解禁となった本番組のシグナルソング「O.O.O」は、参加者99名の少女たちの夢とときめきを表現した歌詞に、セクション別に異なるアレンジと多様なジャンルを複合的に構成、様々な魅力を感じることができる爽やかで、活気にあふれたエネルギーを感じられる楽曲となっている。

本楽曲には、「EXO」、ペク・アヨン、「Apink」「宇宙少女」といった人気アーティストの曲を作曲する作曲家のチョン・ホヒョンと、「SHINee」「Red Velvet」「ONF」などの曲をプロデューシングし注目を浴びた作曲家のファン・ヒョンが作詞・作曲に参加。「君と私の夢が繋がる時間」「会いたい、どこにいるの?」といった歌詞を通じ、お互い違う空間にいながらも“グローバルガールズグループデビュー”という同じ夢を抱く99名の参加者たちが、「Girls Planet」の中でひとつになるというメッセージが込められているという。

さらに番組公式YouTubeチャンネルと公式SNSでは、参加者99名の中からKグループの参加者33人によるシグナルソングステージが公開。すでにアイドル活動を行っているガールズグループ出身者や以前のオーディション番組参加者らに多くのコメントが寄せられている。


今回披露されるKグループのステージ映像について、本番組の制作陣は「圧倒的規模感のステージで繰り広げられるシグナルソングパフォーマンスは、他のプログラムでは見ることができない新たな撮影技法で撮影したので注目してほしい。参加者たちの多様な魅力を見せるため、各グループ33名の参加者バージョンのステージと、99名全員で繰り広げるステージも準備したので期待してほしい」とコメント。

シグナルソングの振り付けは、本番組のダンスマスターであるペク・グヨン、チャン・ジュヒが担当。今回の振り付けについて、2人は「タイトルは『O.O.O』でもあり、プラネットの円形にインスピレーションを受けて曲線美をいかしつつ、強靭で堂々とした少女たちをいかすことができる振り付けにした」とコメント。K-POPマスターを務める「Wonder Girls」出身のソンミは、「難しいけど、パワフルな少女たちの姿を見ることができると思う」と感想を伝えている。

「GIRLS PLANET 999:少女祭典」は8月6日(金)より毎週金曜20時20分~「ABEMA SPECIAL2」にて日韓中同時日本語字幕付きで国内独占無料配信。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top