鈴木伸之“流星”の「デス灯篭流し」が話題に…中川大志“柊”の「俺が守ってやるよ」にも歓喜の声「ボクの殺意が恋をした」第3話

中川大志主演「ボクの殺意が恋をした」の第3話が7月18日オンエア。鈴木伸之演じる流星の“デス灯篭流し”とシャツの柄に多くの反応が寄せられる一方、柊の「俺が守ってやるよ」に“キュン”する視聴者も多数。ラストでみせる柊の表情にも賞賛が集まっている。

最新ニュース スクープ
「ボクの殺意が恋をした」第3話(C)ytv
  • 「ボクの殺意が恋をした」第3話(C)ytv
  • 「ボクの殺意が恋をした」第3話(C)ytv
  • 「ボクの殺意が恋をした」第3話(C)ytv
  • 「ボクの殺意が恋をした」第3話(C)ytv
  • 「ボクの殺意が恋をした」第3話(C)ytv
  • 「ボクの殺意が恋をした」第3話(C)ytv
  • 「ボクの殺意が恋をした」第3話(C)ytv
  • 「ボクの殺意が恋をした」第3話(C)ytv
中川大志主演「ボクの殺意が恋をした」の第3話が7月18日オンエア。鈴木伸之演じる流星の“デス灯篭流し”とシャツの柄に多くの反応が寄せられる一方、柊の「俺が守ってやるよ」に“キュン”する視聴者も多数。ラストでみせる柊の表情にも賞賛が集まっている。

身体能力100点、ルックス100点、しかし殺しの才能0点…という、最高に“間が悪い”殺し屋、男虎柊を中川さんが演じ、柊が標的を殺すどころか恋しちゃう、殺意と恋が入り混じるスリリング・ラブコメディドラマとなる本作。

「ボクの殺意が恋をした」第3話(C)ytv
そんな柊が恋しちゃう標的は、彼の育ての親である男虎丈一郎を殺めた疑惑がかかる漫画家の鳴宮美月。丈一郎の仇を取るため殺し屋稼業を継いだ柊だが、美月を殺すどころか恋心を抱いてしまうことに。柊との間に“ある秘密”を抱える美月には新木優子。

また、柊の前に現れたもう1人の美月を狙う殺し屋で、独自の美学に基づいて殺しを行う“デス・プリンス”の異名を持つ八乙女流星には鈴木さん。

「ボクの殺意が恋をした」第3話(C)ytv
その他、とにかくイケメンに目がない美月のチーフアシスタント、水瀬千景には田中みな実。表向きは警視庁生活安全課の刑事だが、実は警察の秘密組織「SOS」の責任者でもあり、丈一郎の同僚でもあった綿谷詩織には水野美紀。警察が法律で裁くことができない悪人を暗殺している伝説の殺し屋で、これまで数々の難しい任務を成功させてきた「SOS」のトップエージェントだった丈一郎には藤木直人といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
3話は映画化されることになった『ハリネズミ探偵・ハリー』に流星の出演が決まり、美月の仕事場に流星が訪れる。警戒する柊だがそこでは何も起こらず、流星は忙しい美月たちを慰労したいとグランピングに誘う。美月を止めようとする柊だが、その声は聞き入れられず、柊も同行して流星より先に美月を殺すと決意するのだが…という展開に。



今週も流星の“デスタイム”に多くの視聴者が注目。今回は柊と美月をガスで眠らせ、ボートに乗せ湖へ。“デス灯篭流し”で殺そうとするのだが「灯籠流し手がこみすぎてるだろ」「灯籠流しで殺害しようとする所がさすが芸術的な殺し屋」などの声が続々と寄せられるほか、グランピング先で着用したシャツにも「デスプリンス のシャツが独特過ぎる~」「このシャツ、デスプリンスだから着こなせるシャツだわ」「デスプリンスのロープウェイみたいなシャツしか、目に入らないww」など、その個性的な柄に注目した視聴者からの声が。

そんな“デス灯篭流し”が一斉に炎を放ち、柊と美月が乗せられたガソリンが塗られたボートに迫る。意を決し水の中に飛び込もうとする柊だが、美月は「私無理、泳げない!」と拒否。そんな美月に「うるせえな、俺が守ってやるよ」と言い放つ柊。このセリフにも「第3話の #デスキュン は、やっぱり「うるせぇな、俺が守ってやるよ」ですね」「素直に柊くんから「俺が守ってやるよ」って言われたい」「「オレが守ってやるよ!」が良すぎた」など視聴者の“キュン”が止まらない模様。

「ボクの殺意が恋をした」第3話(C)ytv
さらにラストで美月が初恋相手、葵だったことに気づく柊。その際の柊の表情にも「美月が葵ちゃん?て気付いてからの柊くんの切ない表情が何とも言えず愛おしい」「最後、葵ちゃんだと分かるシーンでは大志君の表情にドキドキ」「柊くんが美月さんは葵ちゃんだったと気づいた時の表情とても感動しました」など賞賛の声が集まっている。
《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top