映画史に残るサバイバルホラー『クライモリ』リブート版10月公開&ティザー予告解禁

スティーヴン・キングが絶賛したホラー映画『クライモリ』(2003)のリブート版『Wrong Turn(原題)』が、邦題『クライモリ』として10月15日(金)に公開されることが決定し、併せてティザー予告が解禁された。

映画 洋画ニュース
『クライモリ』(C) 2020 Constantin Film Produktion GmbH
  • 『クライモリ』(C) 2020 Constantin Film Produktion GmbH
スティーヴン・キングが絶賛したホラー映画『クライモリ』(2003)のリブート版『Wrong Turn(原題)』が、邦題『クライモリ』として10月15日(金)に公開されることが決定し、併せてティザー予告が解禁された。

『クライモリ』(2003)は、米ウェストバージニア州の森の中で、事故に遭い道に迷ってしまった若者たちが食人一族のマウンテンマンに襲われるスプラッターホラー。ホラーの帝王スティーヴン・キングがその年の年間ベスト1ムービーに挙げて絶賛し、全米で2週連続トップ10入りのスマッシュヒットを記録し話題となった。その後シリーズ化され、14年の『クライモリ デッド・ホテル』まで計6作が製作されている。

そんな『クライモリ』に新たな息吹を与えたのは、シリーズ累計12億ドルの全世界興行収入を叩き出した『バイオハザード』を大ヒットに導いたプロデューサーコンビのロバート・クルツァー、マルティン・モスコヴィッツ。無法地帯となった終末世界を描いたバイオレンス映画『ザ・ドメスティックス』で注目を集めた新鋭マイク・P・ネルソンが監督をつとめ、第1作の脚本を担当したアラン・B・マッケルロイが再び参加した。

主人公ジェン役には、「スペイン出身のスーパーモデル兼女優のシャルロッテ・ベガ。ジェンの父親役に、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」『フルメタル・ジャケット』などの演技派マシュー・モディーンが起用されている。


このたび解禁されたティザー予告では、禁断の森に足を踏み入れた若者たちが次々と恐怖の罠に襲われていく様子をとらえており、窓の外や炎の先に見える人影と「彼らに社会のルールは通用しない」というセリフがマウンテンマンの不気味さを一層際立たせる。

『クライモリ』は10月15日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top