林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』特報解禁、井浦新&石橋凌が物語の鍵を握る人物に

林遣都×小松菜奈がW主演を務める映画『恋する寄生虫』が11月に公開することが決定。併せてティザービジュアルと2種の特報映像、さらに物語の鍵を握る追加キャストも発表された。

映画 邦画ニュース
林遣都×小松菜奈がW主演を務める映画『恋する寄生虫』が11月に公開することが決定。併せてティザービジュアルと2種の特報映像、さらに物語の鍵を握る追加キャストも発表された。

>>『恋する寄生虫』あらすじ&キャストはこちら

この度解禁となったティザービジュアルは、マスクをした高坂(林遣都)とヘッドホンを首にかけた佐薙(小松菜奈)の横顔が上下に配され、互いに見つめ合う姿が印象的なデザインに。また<その虫は「恋」に寄生する>のコピーが、インパクトのあるタイトルの意味を語っている。

そして、<恋する編><寄生虫編>雰囲気の異なる2種類の特報映像も到着。


<恋する編>では、潔癖症と視線恐怖症を患う高坂と佐薙の共通点の「虫」や「死」「世界の終わり」といったダークなキーワードが登場し、本作の異色な世界観を表している。また「ウイルスが起動するのはクリスマスイブ。それが世界の終わり」というセリフからは、2人がクリスマスに向けて何かを企んでいることがうかがえる。


<寄生虫編>では、寄生虫好きの佐薙が高坂にフタゴムシという寄生虫の特性について説明し、2人が徐々に近づいていく様子が映し出される。ロマンチックなメリーゴーランドとそれに似つかわしくない会話が、一風変わったラブストーリーであることを感じさせる。

さらにこの度、脇を固める追加キャストも明らかに。高坂の前に突如現れ、佐薙と引き合わせる謎の男・和泉役に井浦新、佐薙の祖父・瓜実裕一役に石橋凌が扮し、物語の鍵を握る人物として登場する。

『恋する寄生虫』(C)2021「恋する寄生虫」製作委員会
重要なキャラクター2人のキャスティングについて、柿本ケンサク監督は「新くんが、この映画に大きな問いをくれました。凌さんが、この映画に本質をくれました。お2人とはひたすらに正義の話をしました。答えはでることではないですし、誰にも正解はわからないですが、誠実に向き合うことが出来ました。この物語は、2つの軸で時間が流れます。ある種不思議な時間体験です。どんな時間軸なのか、楽しみにしていただけると嬉しいです」とコメントしている。

『恋する寄生虫』(C)2021「恋する寄生虫」製作委員会
『恋する寄生虫』は11月より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top