伊藤万理華の役作りに迫る!新キャラクターに挑戦した『サマーフィルムにのって』新スチール&コメント

第33回東京国際映画祭で上映されるやいなや話題を集め、世界各国の映画祭での上映が続々と決定している伊藤万理華(元乃木坂46)主演映画『サマーフィルムにのって』より、新スチールが解禁された。

映画 邦画ニュース
『サマーフィルムにのって』(c)サマーフィルムにのって製作委員会
  • 『サマーフィルムにのって』(c)サマーフィルムにのって製作委員会
  • 『サマーフィルムにのって』(c)サマーフィルムにのって製作委員会
  • 『サマーフィルムにのって』(c)サマーフィルムにのって製作委員会
  • 『サマーフィルムにのって』(c)サマーフィルムにのって製作委員会
  • 『サマーフィルムにのって』(c)サマーフィルムにのって製作委員会
  • 『サマーフィルムにのって』(c)サマーフィルムにのって製作委員会
  • 『サマーフィルムにのって』(c)サマーフィルムにのって製作委員会
  • 『サマーフィルムにのって』金子大地 (c)サマーフィルムにのって製作委員会
第33回東京国際映画祭で上映されるやいなや話題を集め、世界各国の映画祭での上映が続々と決定している伊藤万理華(元乃木坂46)主演映画『サマーフィルムにのって』より、新スチールが解禁された。

>>『サマーフィルムにのって』あらすじ&キャストはこちら

青春映画には欠かせない恋と友情に加え、時代劇、SF、全ての要素が華麗にシンクロする本作。主役には、白目・ガニ股を披露し“勝新”オタクを熱演、殺陣にも挑戦している元乃木坂46の伊藤万理華。共演に金子大地、河合優実、祷キララと、今後の活躍が期待される新星が勢揃いした。

『サマーフィルムにのって』(c)サマーフィルムにのって製作委員会
今回伊藤さんが演じたのは、映画部に所属するも時代劇を撮れずに部室の隅っこで悶々としている時代劇オタクの女子高生ハダシ。そんなハダシを熱演した伊藤さんは本作での役作りについて、「まずは『座頭市』をはじめ参考となる作品を観て、予備知識をつけました。ハダシの表情や仕草は監督と話し合わずとも、自然と形成していけたように思います。私がハダシとして選ばれた理由がなんとなく分かったので、肩の力を抜いて自分に近い部分を出せました。遊びで入れた白目は、実際に勝新が白目を剥いて格好良く構える『座頭市』のシーンを観ていたから、自然とそうなっていきました」とコメントを寄せている。

『サマーフィルムにのって』(c)サマーフィルムにのって製作委員会
今回解禁された新スチールでは、傘を片手に友達と好きな映画の殺陣を再現して遊んでいるシーンや、映画館の前で時代劇のポスターを眺めるシーンが切り取られている。これまでのパブリックイメージを一新するような伊藤さんのハマり役に、ぜひ注目してほしい。

『サマーフィルムにのって』は8月6日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top