子役と名優の熱演『沈黙のレジスタンス』冒頭映像独占入手

『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』より、公開に先駆けて今回、子役&往年の名優の熱演を捉えた、本編冒頭映像をシネマカフェが独占入手した。

映画 洋画ニュース
『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』(C)2019 Resistance Pictures Limited.
  • 『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』(C)2019 Resistance Pictures Limited.
  • 『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』(C)2019 Resistance Pictures Limited.
  • 『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』(C)2019 Resistance Pictures Limited.
  • 『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』(C)2019 Resistance Pictures Limited.
  • 『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』(C)2019 Resistance Pictures Limited.
  • 『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』(C)2019 Resistance Pictures Limited.
  • 『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』(C)2019 Resistance Pictures Limited.
  • 『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』(C)2019 Resistance Pictures Limited.
パントマイムの神様と言われたマルセル・マルソーの実体験に基づく物語『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』より、公開に先駆けて今回、子役&往年の名優の熱演を捉えた、本編冒頭映像をシネマカフェが独占入手した。

>>『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』あらすじ&キャストはこちらから

2007年に84歳で亡くなるまで、世界中の俳優やミュージシャン、ダンサーたちに影響を与えたマルセル。本作は、第二次大戦中、ナチと協力関係にあったフランス政権に立ち向かうべく、レジスタンス運動に身を投じていた、これまで語られてこなかった彼の実体験が明らかになる。

『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』(C)2019 Resistance Pictures Limited.
その後の展開を支える重要なスタートラインとなる物語の導入部分。本作では、静から動へと移行するサスペンスフルなストーリーを見せながら、時間軸をジャンプさせて厳粛なムードへと突入。冒頭映像は、作品全体の完成度を期待させる至極のオープニングシーンだ。


ユダヤ人差別が激化するナチ政権下のドイツ・ミュンヘン。ユダヤ人のエルスベート(ベラ・ラムジー)は、「(私たちは)なぜ憎まれてるの?」と父親に尋ねると、「ヒトラーが言っている。“失業が多いのはユダヤ人のせいだ” 皆それを信じている」と語りかける。そして眠りに就こうとしたエルスベートだったが、ナチの突撃隊がやって来て、平穏な家庭の幸せを切り裂いていく…。

そんな表情のみでこの切迫感を伝えるエルスベート役のベラ・ラムジーは、「ミルドレッドの魔女学校」や「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演した名子役。エルスベートがどのようにマルセルと出会い、物語を動かしていくのか注目だ。

一方、1945年のドイツ・ニュルンベルクにあるナチ党党大会跡地では、エド・ハリス扮するアメリカ陸軍大将ジョージ・S・パットンがジープで颯爽と登場。

パットン将軍は、打倒ナチスドイツを成し遂げた連合軍兵士を前に、「勇敢さの定義が恐怖を知らぬことなら、勇敢な人間などいない。物語の主人公はかけがえのない市民の一人だ。諸君のあらゆる犠牲と英雄的行為は彼らのためにあった」などと演説。一体、その“物語の主人公”とは誰を指すのか? その後のストーリー展開がより気になる映像となっている。

『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』(C)2019 Resistance Pictures Limited.
『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』は8月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top