赤楚衛二“樋口”「俺、彼女のこと好きなんで」の表情変化に絶賛の声、泣き顔タマネギも話題…「彼女はキレイだった」5話

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

最新ニュース スクープ
「Sexy Zone」中島健人と小芝風花が初共演&W主演する「彼女はキレイだった」の5話が8月10日オンエア。赤楚衛二演じる樋口の「俺、彼女のこと好きなんで」宣言に絶賛の声が殺到するとともに、中島さん演じる宗介の“泣き顔タマネギ”にも話題が集まっている。

パク・ソジュン主演で話題となった韓国の大ヒットドラマ「彼女はキレイだった」を中島さん、小芝さんらによりリメイクした本作は、子どもの頃は優等生美少女だったが今は“残念女子”となったヒロインと、子どもの頃は冴えない太っちょの少年だったが、その後最恐毒舌エリートに“大変身”した2人の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリー。

ファッション誌「ザ・モスト」日本版の副編集長兼クリエイティブディレクターである長谷部宗介を中島さんが、子どもの頃は優秀な少女だったが、今は自分に自信をなくしてしまった佐藤愛を小芝さんがそれぞれ演じる。

また愛を助ける「ザ・モスト」編集部員の樋口拓也に赤楚さん。愛のふりをして宗介と出会い、樋口とも親しくなる桐山梨沙には佐久間由衣。同じく編集部員の里中純一に高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)。同じく編集部員の須田絵里花に宇垣美里。創刊から編集に携わってきた岡島唯子に片瀬那奈。「ザ・モスト」編集長の池沢蘭子にLiLiCoといった顔ぶれも共演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
イタリアの超有名デザイナーとのコラボ企画の撮影が行われるが、撮影の目玉であるオートクチュールのドレスが破損、撮影は続行不可能となる。怒ったデザイナーに挽回のチャンスがほしいと懇願する宗介だが、デザイナーは交換条件としてドレスの管理を任された愛を解雇しろと言い出し、愛は退職届を出し編集部を去る…というのが5話の展開。

その後の企画会議で樋口は童話をベースに脇役をクローズアップした企画を提案。その企画を採用した宗介に、樋口は企画が愛が考えたものであることを伝え、愛を編集部に戻すよう宗介に迫る。そして宗介と愛がこれ以上近づいて欲しくないと口にしたうえで、シリアスな表情を浮かべ「俺、彼女のこと好きなんで」と自らの気持ちを明かす。

そんな樋口に「好きなんで」って言う前の目の光が急に無くなる感じやばかったああ」「こんなんみんな樋口くんのこと好きになるやん」「間違いなく樋口くんがヒーローだわ……」などの声が殺到。

そして宗介もまた愛に「あの時、僕は君のことを守るべきだった」と自分の判断が間違っていたと告げ、「判断を誤って君を傷つけた」と謝罪。その夜、泣き顔の絵を描いたタマネギの画像を送る。それは以前愛が笑顔を描いたもので、画像とともに送られた「主人がいなくて泣いてる。可哀相だろ」「早く帰ってこい」というメッセージを見た愛は、編集部に戻ることに…。

愛が残したタマネギにマジックで泣き顔を描く宗介にも「なんかキュンキュンしたよ~ タマネギ可愛すぎるー笑」「宗介の泣いてるタマネギ可愛すぎ」「タマネギに絵描いてまで必死に連れ戻そうとする宗介愛しいがすぎる」といった感想が続々とSNSに投稿されている。
《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top