シシド・カフカ、斎藤工“ヘミングウェイ”の婚約者!?「漂着者」急展開の第3話

斎藤工が謎の漂着者“ヘミングウェイ”を演じ、衝撃的なシーン、予測できない不気味な展開が話題となっているドラマ「漂着者」。この度、8月13日(金)今夜放送の第3話にて、新たなキーマンとしてシシド・カフカが登場することが分かった。

最新ニュース スクープ
シシド・カフカ「漂着者」
  • シシド・カフカ「漂着者」
  • シシド・カフカ「漂着者」
斎藤工が謎の漂着者“ヘミングウェイ”を演じ、衝撃的なシーン、予測できない不気味な展開が話題となっているドラマ「漂着者」。この度、8月13日(金)今夜放送の第3話にて、新たなキーマンとしてシシド・カフカが登場することが分かった。

シシドさんが演じるのは、ヘミングウェイの前に現れる、妖しくも美しい謎めいた女性。彼を知っている人が誰ひとりとして現れないという不可思議な状況の中、突然現れたこの女性は、「自分はヘミングウェイの婚約者だ」と言い始める…。

“ヘミングウェイの正体”という重要なカギを握る彼女。今回、ドラマでは初となる着物姿で登場するシシドさんは「何かと初めて尽くしの役柄で私に務まるかと危惧しておりますが」と話しつつ、「工さんとの初めての共演楽しみたいと思います」とコメントしている。

第3話あらすじ


ヘミングウェイ(斎藤工)の担当医・国原栄一(船越英一郎)の遺体が見つかった。不可解なことに彼も入院中に不審死を遂げた大学教授・後宮徳次郎(越村公一)同様、胸の前で腕をクロスさせていた。一方、「しあわせの鐘の家」の施設を訪れた新聞記者・新谷詠美(白石麻衣)は、電話で国原死亡の知らせを受ける。すると、ヘミングウェイはすでにそのことを知っていた。さらにヘミングウェイは「死が連鎖している。まだ何人も死にますよ」と言う。

新潟県警の捜査本部では、ヘミングウェイが入院していた病院で猟奇的な不審死が続いていることに色めき立っていた。刑事・柴田俊哉(生瀬勝久)は、ヘミングウェイを重要参考人として呼び出そうと息巻くのだが…?

「漂着者」第3話は8月13日(金)23時45分~テレビ朝日系にて放送。
※熱闘甲子園休止の場合は23時15分スタート
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top