祖国を逃れた女性がボクシングで生きる勇気を取り戻す!『ファイター、北からの挑戦者』11月公開へ

「脱北者」として新たな人生をスタートさせた女性がボクシングと出会い、生きる希望と勇気を取り戻す姿を描いた『Fighter(英題)』が、邦題『ファイター、北からの挑戦者』として、11月12日(金)より全国公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルが解禁された。

韓流・華流 スクープ

北朝鮮から逃れ「脱北者」として韓国・ソウルで新たな人生をスタートさせた女性ジナがボクシングと出会い、生きる希望と勇気を取り戻す姿を描いた『Fighter(英題)』が、邦題『ファイター、北からの挑戦者』として、11月12日(金)より全国公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルが解禁された。

舞台は、韓国・ソウル。小さなアパートにひとり辿り着いた脱北者のリ・ジナは、休む間もなく食堂で働き出す。彼女には中国に残してきた父がおり、彼を早く呼び寄せたいと思っていた。そのためジナは、館長とトレーナーのテスが2人で切り盛りするボクシングジムで清掃の仕事を掛け持ちすることに。始めのうちは悲惨な過去と怒りを抱えて壁を作るジナだったが、館長とテスは彼女から静かに燃えるファイティングスピリットを感じ取り、ジナにグローブを渡すのだった――。

北朝鮮を逃れたひとりの女性が再び人生を取り戻す姿を描いた本作は、ベルリン国際映画祭に正式出品され、第25回釜山国際映画祭で主演女優賞とNETPAC賞をW受賞。監督は、カンヌ国際映画祭に出品されたドキュメンタリー『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』で世界に衝撃を与えたユン・ジェホが務めている。

また今回1か月半のボクシング練習を経てヒロイン・ジナを演じ切ったのは、大ヒットドラマ「愛の不時着」で露店の女性クムスンを演じ印象を残したイム・ソンミ。女優歴14年目にして本作で初の主演を掴んだ。そしてジナをボクシングの世界へ導く館長は、『オールド・ボーイ』を始めパク・チャヌク監督作の常連で、殺陣師としても活躍するオ・グァンロク、トレーナーのテスは韓国BLドラマ「Wish you~僕の心の中、君のメロディー」のペク・ソビンが演じている。

今回解禁されたポスタービジュアルでは、「私の闘いは、まだ終わらない」のキャッチコピーとともに、前をしっかりと見据えてファイティングポーズを構える主人公ジナの凛々しい横顔が強烈な印象を残しており、北朝鮮を逃れ新たな人生を歩み始めた彼女の勇気と希望の物語が予感される。

『ファイター、北からの挑戦者』は11月12日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top