ディーン・フジオカ×蒔田彩珠、血塗れの制服姿で並ぶ『Pure Japanese』ティザービジュアル

ディーン・フジオカが企画・プロデュース・主演を担い、主人公の中にある二面性を描いた狂気のバイオレンス・アクション・ムービー『Pure Japanese』より、ティザービジュアルが解禁された。

映画 邦画ニュース

ディーン・フジオカが企画・プロデュース・主演を担い、主人公の中にある二面性を描いた狂気のバイオレンス・アクション・ムービー『Pure Japanese』より、ティザービジュアルが解禁された。

アクション俳優として働く立石(ディーン・フジオカ)は社交性がなく、偏ったところのある変わった男で、周囲からは距離をおかれていた。そんな立石はある日、祖父と暮らしている土地が原因で中国人ブローカーと地元のヤクザから執拗な嫌がらせを受ける女子高生のアユミ(蒔田彩珠)を、偶然助けることになる。過去の撮影現場での事故によるトラウマで、バイオレンスに対してリミットをかけていた立石。しかしアユミを守った行為が肯定されたことで、彼の目には次第に狂気が宿っていく――。

過去のトラウマを抱えながらアクション俳優として生きる主人公にディーン・フジオカ、「朝が来る」で渾身の演技を披露し映画界からも注目される蒔田彩珠がヒロインを演じている本作。監督は『トイレのピエタ』、『ハナレイ・ベイ』の松永大司。各国の国際映画祭で高い評価を受けた松永監督が、『合葬』の小林達夫の脚本で完全オリジナル作品を手掛けた。

今回解禁されたティザービジュアルでは、真っすぐに前を見つめる立石と、血だらけのセーラー服を着た少女・アユミの2人が、鳥居の前で佇んでいる。幻想的な色彩、グラフィカルで強度のある構図が魅力で、SNSが世界中で話題のRKをフォトグラファーに起用。「全員、殺しちゃって」というキャッチコピーとビジュアルに収められた何やら異様な2人の空気が、想像力を掻き立てる。

『Pure Japanese』は2022年1月28日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top