ディーン・フジオカ&蒔田彩珠、狂気が次第に目覚める『Pure Japanese』本予告

ディーン・フジオカが企画・プロデュースを手掛け、さらに主演も担う『Pure Japanese』から本ビジュアルと予告編が解禁。

映画 邦画ニュース

映画『空飛ぶタイヤ』『海を駆ける』、ドラマ「推しの王子様」など、映像・音楽・ファッションなど様々なカルチャーシーンで活躍するディーン・フジオカが企画・プロデュースを手掛け、さらに主演も担う『Pure Japanese』から本ビジュアルと予告編が解禁された。


>>『Pure Japanese』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、『朝が来る』で渾身の演技を披露し、映画界が注目する若手女優・蒔田彩珠をヒロインに、国内外で数々の映画賞を受賞した『トイレのピエタ』『ハナレイ・ベイ』の松永大司監督によるタッグが実現した。

さらに予告編では、日本文化に傾倒している“ヤバイ奴”立石(ディーン・フジオカ)が、祖父と暮らしている土地が中国人ブローカーと地元のヤクザに狙われ、執拗な嫌がらせを受けていた女子高生のアユミ(蒔田彩珠)と出会ったことで、狂気が暴走していく模様が描かれる。人間の狂気的な二面性ものぞき、普通でない異様なキャラクターたちの血のアクションを予感させる内容となっている。

本ビジュアルは、過去のトラウマを抱えながらアクション俳優として生きる主人公、日本刀を抱えた立石と、血だらけのセーラー服を着た少女・アユミの2人が、敵対するヤクザを背景に挑むような眼差しを向け、普通でない何かが始まる予感をさせるビジュアルに。フォトグラファーには、ティザービジュアルに引き続き、幻想的な色彩、グラフィカルで強度のある構図で、アジアをはじめ世界中のSNSで著名な新進気鋭のRKが起用された。

『Pure Japanese』は2022年1月28日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top